けいけん豊富な毎日

中山牝馬S(斤量負担分析)

中山牝馬S(中山1800m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
中山牝馬S斤量負担

馬体重に関しては広い範囲で好走馬が出ていますが、
過去の例的には460~480kg、480~500kg
辺りの中型から少し大柄な馬の好走が目立っており、
小柄な馬はどちらかというとヒモ候補。
といっても460kgを切っているオメガハートロック、
グレイスフラワーもそこまで小柄ではないだけに、
馬格的な差はあまり考えなくていいかもしれません。

500kgを超えると好走馬はほとんど出ておらず、
昨年2着のケイアイエレガントが特例。
今回はバウンスシャッセがかなりの大型馬になっていますが
続けるでしょうか・・・。

実質斤量負担では12.5%が好走の上限で基本的には12.0%以下が
望ましいわけですが・・・今年は12.0%オーバーの馬はゼロ。
斤量自体が全体的に軽く、馬格もそれなりにある馬が集まっており、
この条件で脱落する馬はいない状況です。

斤量の面では・・・前走で好走しているのに斤量が減っている
・パワースポット
・フレイムコード
・ケイティバローズ


この3頭がひとまず推せる馬になりますが・・・フレイムコードも
ケイティバローズも極端な軽ハンデ馬。
実績不足を斤量減で誤魔化せるかは微妙な感じです。

唯一、斤量負担が増えているアイスフォーリスはもちろん、
単純な斤量増自体は厳しくなっているものの、要は相手関係が弱化している、
ということを意味しているわけで、前走の掲示板(5着)から
上昇があってもおかしくなさそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは

中山牝馬Sの話ではないですが、阪神2400のゆきやなぎ賞(3歳500万下)で自分のアルバートドッグとけんさんのサトノラーゼンがぶつかるみたいです。
アルバートドッグの調子はわからないので勝ち負け云々はなんともいえませんが、少頭数の2400戦…間違いなくスローの瞬発力勝負になると思います。ということはディープインパクト産駒の両馬にとっては追い風かな? 結果を楽しみに待ちましょう。

名無し | URL | 2015年03月13日(Fri)23:12 [EDIT]


>名無しさん
サトノラーゼンは堅実な成績で来ていますが
瞬発力勝負となると・・・正直微妙です(笑)

なんとか食らいついて貰いたいですね~
距離経験をしておくこともダービーにもし
間に合うなら大きいと思いますし、
どんなレースをしてくれるかお互い
楽しみに待ちましょう!

けん♂ | URL | 2015年03月14日(Sat)01:50 [EDIT]


 

トラックバック