けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞回顧   担【けん♂】

天気は回復したものの、雨が残って稍重となった中山競馬場で
弥生賞が行われました。

世代上位の馬が揃ったものの、ほとんどの馬が休養明け。
賞金十分で叩き台にしたい馬、逆に賞金加算に賭ける馬・・・
それぞれの思惑もあり、どの馬が本番に向けて好スタートを切るか
注目の一戦になりました。

予想は→ココ

結果は・・・

1着 サトノクラウン     2.01.8  上がり35.7
2着×ブライトエンブレム    11/2
3着 タガノエスプレッソ

6着◎クラリティスカイ
7着〇シャイニングレイ
9着△ベルラップ
10▲タケルラムセス

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのは想定通りジャストフォーユー(戸崎騎手)。
2番手には掛かり気味に行ったシャイニングレイ。
並んでコメート。

続いてベルラップ、サトノクラウン、クラリティスカイ。
離れてタガノエスプレッソ、さらに遅れてトーセンバジル、
グァンチャーレ、ブライトエンブレム。
最後方はESP発動(蛯名スペシャル=出遅れ:爆)
となったタケルラムセス。

12.5-11.4-12.3-12.4-12.7-12.0-12.1-12.1-11.9-12.4
前半1000m 61.3
後半1000m 60.5

ラップ比較
弥生賞ペース

戸崎騎手の作るペースに関しては寒竹賞を参考に、
スローの後傾ラップ、と想定していましたが、
今回は思いの外、緩め過ぎずに前半を通過。
ハイペースではありませんが、例年の弥生賞(平均)を少し
上回るペースで引っ張っています。

下り坂で加速を入れてしまうのは・・・戸崎騎手のパターン、
というか、馬の若さ。
ただし、今回は平坦部分に入ってペースが落ち着き、
後続の馬を引きつける形でカーブ、直線へ。

4コーナー映像
弥生賞4こーなー

外から被せて上がって行った馬は大きく外に開く形に
なりましたが、先行勢に余力がなく、脚が鈍ったため、
直線入り口で隊列は横並び一線
こうなってしまうと・・・単純に末脚の能力
モノを言うことになってしまいます。
(あとは重馬場適性)

馬場中央をあっさり抜けていったサトノクラウン
後続を突き放して楽な手応えでそのまま押し切ってゴールイン!
欧州血統の血が活きた感じでしょうか。
馬体重も少し余裕残しの+8kgで復帰しており、
本番に向けて見通しは明るい、と考えて良さそうです。
コーナーリングはそれほど上手くなく、加速していく形では
なかったので、本質的には中山向きとは考えにくく、
多頭数で後方からになるようだと・・・今回のように
上手く抜けて行けるかは不安がある印象。

大きく外に膨らんだブライトエンブレムは相変わらず
不器用さを感じさせましたが、走り方にバタバタしているところは
多少解消されている感じで、前を向いての伸び脚は秀逸。
中山2000mはネオユニヴァース産駒のベストの舞台だけに
本番でもさらなる良化を期待したいものです。

3着は接戦を制したタガノエスプレッソ
極端に馬格がない上に、今回は▲6kgと馬体を落としてしまっており
こちらは・・・本番に向けての調整が難しくなってしまうかも。

レース後のコメント
1着 サトノクラウン(福永祐一騎手)
強かったです。今日はスタートだけ気をつけました。前走はスタートで
トラブルがあったので、同じことを起こさないように厩舎が
訓練してきてくれました。私も美浦でゲート練習に臨みましたし、
そのときは馬がおとなしく、矯正されていました。
ただ、テンションが上がるところがあり、レースになると、
してはいけないことをしてしまうこともあるので、そこは気をつけました。
いいスタートで、頭数が少なかったこともあり、イメージ通りの
ポジションにつけられました。完成度が高く、操作性もよく、
上手な競馬ができます。もともと獲得賞金は足りているので、
勝たなければいけない競馬ではありませんでしたが、いい形で次に向かえます。
乗りやすい馬で、大きなレースにいってもコンスタントにいい結果を
出せると思います。楽しみです


2着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手)
今日は折り合いに気をつけていましたが、クリアしてくれました。
馬場が渋ったのもよかったです。良馬場でも時計がかかればいいと思います。
4コーナーで内から寄られる不利がありましたが、最後は勝った馬と
脚色が一緒でした。ただ、ゴールをすぎて1~2コーナーの感じが
よかったです。賞金を加算してくれましたし、この結果は自信になります


3着 タガノエスプレッソ(菱田裕二騎手)
馬場が渋っていたのはよくないと思っていましたが、しっかりと
こなしてくれたのは収穫でした。折り合いは終始つきました。
追い出しをワンテンポ待たされたのが結果的によかったです。
メリハリのあるレースができて、次につながると思います


4着 グァンチャーレ(武豊騎手)
溜めて溜めてのレースを考えていました。一瞬いい脚を使って
くれましたが、そこで止まってしまいました


5着 トーセンバジル(岩田康誠騎手)
ハミがかからなかったです

7着 シャイニングレイ(川田将雅騎手)
返し馬から力んでいました。頭を振りながらポケットに入っても
落ち着かず、テンションが高いままでした。それが大きく響きました。
血統的にも引っかかりやすく、それが強く出た印象です


8着 コメート(嘉藤貴行騎手)
スタンド前でシャイニングレイが出てきて、ハミをかんでしまいました。
それでもいい形で4コーナーまで行けましたが、そこから苦しくなりました


9着 ベルラップ(浜中俊騎手)
休み明けでしたし、叩いてよくなるのかなと思います。
向正面から進んでいきませんでした


10着 タケルラムセス(蛯名正義騎手)
時計がかかるのはいいのですが、ノメるような馬場状態は
得意ではないようです


本番のペースがどうなるかはわかりませんが、
さらに締まった流れになり、前が止まらない形になると
今回のように差す競馬で勝ち上がってきた馬は微妙。

皐月賞は皐月賞で一から考え直してみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様です。タガノエスプレッソからのワイド数点流しでサトノクラウンを拾って当たりましたが思っていた以上に配当がついててラッキーでした。ブライトエンブレムの脚に凄みを感じましたが本番であの脚が使えるかは少し微妙です。サトノクラウンはやはり東京向きの感じがします

ヌエボ闘将 | URL | 2015年03月08日(Sun)23:22 [EDIT]


>ヌエボ闘将さん
的中おめでとうございます(^^)g
さすがですね♪

ブライトエンブレムに関してはまだ
不器用さが見られるので本番は展開次第に
なりそうですね。
サトノクラウンも横並び一線からの
追い出しになるとは思えないので
おっしゃるとおり、中山はやはり疑問符かと。

けん♂ | URL | 2015年03月10日(Tue)00:56 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。