けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山牝馬S(年齢別実績)   担【けん♂】

中山牝馬S(中山1800m)について見ていきたいと思います。

年齢別実績:中山牝馬S(04年~)】※11年は阪神開催のため割愛
中山牝馬年齢

牝馬限定戦ということもあり、おおよそ6歳までで9割近くを
占めている構成となっています。
出走頭数も4歳が最も多く、年齢が上がるにつれ減っていく形。

勝ち馬は5歳馬が5勝とリード。6歳馬が3勝と追いかけ、
4歳馬は1勝にとどまっています。
連対している頭数を比べると
6歳馬が7頭、5歳も7頭、4歳は5頭と拮抗しています。

しかし、最も複勝率が高い6歳馬と4歳馬では3倍近い開きがあり、
少なくとも若い馬が優位・・・ではないレースであることがわかります。

と言っても、単純に高齢馬優位というわけではなく、

・出走を重ねて濃縮、選別されてきたベテラン 
  VS
・玉石混交の新鋭


という構図だと考えられそうです。

7歳以上となると出走数自体も激減しますが、重馬場だった07年に
マイネサマンサが勝ったのみとなっています。
1番人気を背負った4歳馬のアサヒライジングが重馬場を苦手にしていただけに、
馬場の影響が大きかった年と考えられ、例外扱いでしょうか。

4歳馬で勝ったのは05年のウイングレット。
あとは表にはありませんが02年のダイヤモンドビコー。
どちらも直近の重賞、GⅠで安定して好走を続けており、
1番人気に推されていた馬でした。
逆に言えば古馬相手の力関係でも上位評価出来る馬じゃないと
4歳で勝ち切るのは難しい、という感じだと思われます。

基本的には5、6歳馬を中心に4歳馬をヒモに組み入れる、
という方向で考えてみたいと思います。

今年の登録馬
★7歳
パワースポット

★6歳
アイスフォーリス
ウイングドウィール
グレイスフラワー
ケイアイエレガント
フレイムコード

★5歳
エバーブロッサム
ケイティバローズ
シャトーブランシュ
スイートサルサ
ソーミラキュラス
ミナレット

サクラプレジール※

★4歳
オメガハートロック
バウンスシャッセ
ブランネージュ
マイネグレヴィル

※→除外対象

なんとも微妙なメンバー構成。
古馬重賞勝ちがあるのは昨年2着のケイアイエレガント1頭、
となっており、抜けた馬は不在。
うーん、いかにも荒れそうなニオイがすでに漂っていますが(笑)
今週もじっくり楽しんでいきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。