けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山牝馬S(展開分析)   担【けん♂】

中山牝馬コース
※中山1800mのコース図と中山牝馬S(01年~)の平均ラップ
 11年は阪神開催のため除く

中山牝馬Sが行われる中山1800mはスタートしてすぐにカーブがあるため
内枠の馬が先行するには有利になります。

カーブの入り口は上り坂ですが、出口からはダラダラと長い下り坂。
ここが非常に大きなポイントとなっていて、逃げ馬の脚質次第
11秒台が続く締まったレースになったり、12秒台中盤にまで落とす
ゆったりしたペースになったり、と傾向が分かれてきます。

締まったペースになった場合は、基本的に先行馬は脚を使い過ぎになってしまい
後半になると失速傾向。馬群はグッと縮まって直線に入ることになり、
差し馬が台頭してきやすい展開となります。

前半をゆったり行ければ、後半になってもペースを落とさずに
引っ張ることが可能。
後傾ラップになると後方の馬は前に押し上げて行くことが出来ず、
隊列はある程度長いままで直線に入ることになります。
こうなると後方からの馬はほとんど届くことはなく、先行有利な傾向と
なると考えられます。

4コーナー位置取りと着順の関係

(良馬場)
    1着→2着→3着
14年  7  1  5(番手)
13年  7  2  3
10年  5  5  8
08年  2 14  9
06年  9 12 12
05年  2  5  9
04年  8 11 12
03年  7 10  7
02年  5  6  6
01年  1  8 11

(稍重~)
12年  1 14  7
09年  4  1 11
07年 12  7  1

構造から考えられる展開よりも、後方からの馬が届いている印象。
勝ち馬に関しては基本的には好位より前の馬で決着しやすい
傾向が出ていますが、直線手前で大きく緩んだ06年や、
直線入り口で急加速のなかった08年などは後方からの馬も詰め寄って
きやすくなっており、差し馬が飛び込む結果となっています。

展開はかなり年によってばらつきがあり、天候の具合も
影響を与えることがあります。
湿った馬場で行われた場合は、特にスローペースになりやすく、
逃げ馬が残っているのが特徴。
ただし、前々で決着というわけではなく、重馬場適性
コース取りを活かした差し馬が飛び込む入り混じった結果に
なっています。

構造的に力のある馬が勝ちやすいレースではなく、
展開やコース取りなどに絡め取られることもある印象。
近年のレースを見ても上位人気であっさり決まった、ということが
ほとんどありません。
ちなみに13年は6番人気の馬が勝っており、12年に至っては
8番人気→7番人気→11番人気と人気薄のみで決着。
昨年も2着に10番人気の馬が入っていました。
上手く展開、馬場差などを読めれば高配当狙いが出来るかも?!
いつもより欲ボケ気味に考えてみたいと思います(笑)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。