けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞(収得賞金について)  担【けん♂】

弥生賞(中山2000m)は言わずもがな、皐月賞のトライアル。
出てくる馬はそれなりの実績馬になりますが、目的は多少
各馬によって違ってきます。

皐月賞に出走するだけの賞金をすでに確保している馬に関しては
・中山への適性を探ってみたい、コース慣れさせたい
・本番前に一叩きして調子を上げていきたい


おおよそこんな感じかと。

中山未出走の馬に関しては特にコース経験をさせておくのは
重要になりそうです。本番に向けて乗り替わりがないならば
騎手の方も手応えというか、位置取りなどの感覚を
探っておくのは非常に重要。

早い段階で賞金を確保した馬は休養を挟んでぶっつけ本番では
怖いので叩いて調子を上げる必要があります。
(逆にトライアルを回避して本番に向かうような馬は調整段階で
 何か問題を抱えている可能性があるかもしれません)

賞金が足りていない馬に関しては・・・大命題は
・皐月賞への出走権を得

この1点だと思われます。
中にはダービーに向けての賞金加算、なんて馬もいたりしますが
条件的に見てもやはり目標は基本的に皐月賞に置いてある、と
考えた方が良さそうです。

賞金加算が出来ればOK、という馬もいれば、
とにかく上位に入って優先出走権を得て一発逆転・・・みたいな馬も
いてもおかしくなさそうです。

今年の弥生賞出走馬の収得賞金は↓

・シャイニングレイ 3650万
・ベルラップ 2500万
・グァンチャーレ 2250万
・コメート 2200万
・タガノエスプレッソ 2200万
・クラリティスカイ 2000万
・サトノクラウン 2000万
・ブライトエンブレム 1900万

・・・・皐月賞賞金ボーダーライン・・・・

・トーセンバジル 900万
・ジャストフォーユー 400万

皐月賞路線を表明している馬の現時点(3/2)での収得賞金による
出走ボーダーラインは・・・1650万
1900万のブライトエンブレムはとりあえず11番目タイで
出走可能(同率で3頭)となっていますが、その下にかなりの馬が
ひしめいており、これから行われるレース次第で
ボーダーラインギリギリになってしまう可能性が無きにしも非ず、
というところのようです。

素質馬として期待されているトーセンバジルは2勝していても
賞金的にはまったく足りておらず、ここでしっかり
結果を出さないと厳しい状況。皐月賞・・・さらに
ダービーも考えるのであれば、ある意味ここは本番と同意義。
仕上げに関しても賞金十分の馬よりもビッシリやってくる
可能性が高そうです。
休養明け、とか言っている場合ではありません(笑)

ジャストフォーユーは一発狙い、ですね(爆)
逃げ馬だけに、展開を上手く作れたら・・・と虎視眈々、
という感じかもしれません。
失うものはないだけに、積極的なレースを期待出来そうです。
(戸崎騎手を確保した辺りにも意欲が感じられます^^g)

今回のレースの目的(推測)

・本番前に叩いておきたい
 シャイニングレイ
 コメート
 ベルラップ(輸送、中山経験)
 サトノクラウン(中山経験)
 タガノエスプレッソ(輸送、中山経験) 
 クラリティスカイ(距離延長、中山経験)
 ブライトエンブレム(距離延長、中山経験、賞金加算?)

・適性を探りたい
 グァンチャーレ(中山、距離延長)

・賞金加算、権利取り
 トーセンバジル
 ジャストフォーユー

もちろん、馬の力関係が一番重要であることは間違いないですが
仕上げの仕方、レースへの意欲は結果に作用してくる要因に
なってくると思われます。
順調に本番に向かえる馬は・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トライアルレースは
獲得賞金別データとかだしたら
面白そうですね(^o^)

馬面1号 | URL | 2015年03月07日(Sat)03:46 [EDIT]


>ななしさん
過去のトライアルでの賞金別実績、
というのは調べる価値があるかもしれませんね。

アパパネみたいに前哨戦で負けて
本番に強い、みたいな馬もいたわけで
何らかの傾向が見えてくるかも・・・

けん♂ | URL | 2015年03月08日(Sun)01:05 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。