けいけん豊富な毎日

弥生賞(前哨戦評価4)   担【けん♂】

弥生賞と同じ中山2000mで行われた
・寒竹賞
・ホープフルS
・葉牡丹賞


について、ラップを比較しながら見直してみたいと思います。

ラップ比較グラフ
中山2000mラップ比較

展開分析でふれたとおり、弥生賞は皐月賞本番に比べて
かなりスロー気味に中間を通過しやすい傾向が出ています。

ただし、弥生賞も皐月賞も基本的には割合淡々と流れやすく
中間で速くなったり、遅くなったり、とガクガクした形には
なっていません。

今回取り上げた3レースは・・・いかにもまだ成長途上で
ペースを守ることに不慣れな馬が引っ張った、という感じの軌跡。
共通点は下りに入ったところで敏感に反応して
ペースが急に速くなっている点でしょうか。

中間で大きく緩んだ寒竹賞は下りに入って一気に加速。
思い切ってペースアップし過ぎて・・・最後に失速。
前が詰まったことで馬群は外に膨らむ形になり、
タケルラムセスは逆に内を突けたのが大きかったと
考えられます。
前に負荷が掛かった、という意味でも後方で知らん顔を
できたのは展開優位。

ホープフルSは例年の弥生賞よりも少し速いペースで
前半を通過しましたが、下り終わって平坦部分に
入ってから急激にペースダウン。
かなり消耗度が低く、前有利な展開となっています。
前から抜けたシャイニングレイ、コメートは
よく伸びていますが・・・展開が合った面もあり、
見た目ほどの評価は危険かも。

葉牡丹賞は皐月賞並みのペースで中間を通過。
2歳戦ということを考えるとかなり消耗度が高い
内容になったと考えられます。
さらに早仕掛け気味のロングスパートになっており、
前の馬に負荷が掛かる展開。
後方から外を回して伸びたトーセンバジルの末脚は
鮮やかでしたが、前に厳しいレースだっただけに
展開がハマった感も強いと思われます。
※前から伸びたバイガエシは高く評価していいかも(^^)g

今回の出走馬は・・・展開をひっくり返して勝った、
というわけではなく、それぞれに展開有利な位置を活かした
勝利だった
、という印象です。
もちろん、それなりに高く評価は出来ますが
内容的に抜けた評価・・・とはいかない感じかと。

まだ今回の弥生賞のペースを想定出来ていませんが、
どの(位置取りの)馬に有利な展開になるのか、
もう少し考えてみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック