けいけん豊富な毎日

弥生賞(各馬分析2)   担【けん♂】

弥生賞(中山2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ジャストフォーユー】牡3 56.0 (美浦) スペシャルウィーク×(トニービン)
これまでの5戦中、4戦で逃げており、今回もハナを切る公算が高そう。
ただし・・・毎回乗り替わっており、今回も戸崎騎手が初騎乗の予定。
馬のペースというよりは、騎手のペースをベースに考えた方が良さそうです。
ある程度締まった流れを作って粘り込むタイプで、末脚が鈍いので
どこまで長く隊列を作れるか・・・

タガノエスプレッソ】牡3 56.0 (栗東) ブラックタイド×(キングカメハメハ)
前につける脚質を活かしてデイリー杯2歳Sで連勝を飾りましたが
朝日杯FSでは後方からになり6着まで。上位馬には末脚で見劣っており、
現状では力勝負では厳しそう。位置取りを活かす競馬をしたいところです。
ブラックタイド産駒はマイル周辺をメインに使われていますが
どちらかというと距離延長の方が良く、中距離も十分こなせるので
流れに乗って自分の競馬が出来れば・・・。

タケルラムセス】牡3 56.0 (美浦) キングカメハメハ×(Theatrical)
連勝で寒竹賞を勝ち、京成杯に挑みましたが、後方から押し上げて
末脚が伸ばせず9着まで。寒竹賞では早目に前の馬が鈍り過ぎた感があるので
レベル的には微妙。中1週で使ったのも消耗の面で問題があったかも
しれません。ゆっくり立て直してきているので状態は回復していると
思われますが、力関係的には高く評価はしにくい印象。

トーセンバジル】牡3 56.0 (栗東) ハービンジャー×(フジキセキ)
デビューから連対を外さず好走を続けており、新種牡馬ハービンジャー産駒の
期待の1頭。ティルナノーグとの競い合いで2敗していますが、
ティルナノーグ自身が重賞戦線で低迷していることを考えると
過大評価は危険なニオイ。葉牡丹賞は締まった流れでレベル的にも
高い感じでしたが、後方で知らん顔をしたところからの差し切り勝ちで
展開がハマった感もあり、今回が試金石。

ブライトエンブレム】牡3 56.0 (美浦) ネオユニヴァース×(ウォーエンブレム)
連勝で札幌2歳Sを制して朝日杯FSでも期待されましたが
後方から届かず7着まで。血統的には中山では期待出来そうですが
手脚が良く伸びた大きな走りをするタイプなので広いコースの方が
良さそうです。馬場が湿るのはプラスに働きそうなので
馬場が渋るようなら注目度アップで。

ベルラップ】牡3 56.0 (栗東) ハーツクライ×(シンボリクリスエス)
距離延長で臨んだ黄菊賞で2勝目を挙げ、京都2歳Sで連勝を飾りました。
前につける脚質を活かした形でしたが、超絶スローペースだっただけに
展開優位であったことは否めず、レベル的には評価出来ず今回が
試金石となりそう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック