けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞(各馬分析1)   担【けん♂】

個人的にはPOG馬のクルミナルが出走する予定のチューリップ賞の方が
気になったりするんですが(^^;こちらはひとまず、時間があれば
各馬についてざっと見ておきたい、と考えています。
レッツゴードンキ、ココロノアイ、あとはロカ辺りとの力関係がどうなのか、
桜花賞本番を占う上でも内容についてはあとからしっかり確認しておく
必要があると思われます。

弥生賞(中山2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

クラリティスカイ】牡3 56.0 (栗東) クロフネ×(スペシャルウィーク)
好位につける脚質でいちょうSをレコード勝ち。
朝日杯FSでは減った馬体を戻していた点は評価出来ますが、
スローペースの中、決め脚勝負に屈して3着まで。
血統的に距離延長がプラスになるとは考えにくい感じで、
滞空時間が長い走法も中山では微妙。前優勢の流れに乗れたら
粘り込めるかも・・・。

グァンチャーレ】牡3 56.0 (栗東) スクリーンヒーロー×(ディアブロ)
スローのロングスパート戦となったシンザン記念では前崩れ気味になったところを
中段から押し上げて差し切り勝ち。小柄な馬ながらひとまず馬体を戻しており
状態も良かったと思われます。関東への遠征では結果を出せておらず、
脚質も微妙。スクリーンヒーロー産駒は長い距離に対応した馬も出ていますが、
基本的には中距離以上はマイナスという傾向。
この馬も距離延長がプラスになる感じはなさそうかと。

コメート】牡3 56.0 (美浦) ブラックタイド×(アフリート)
前につける脚質を活かしてきんもくせい特別で2勝目を挙げ、
さらに馬体を増やしてホープフルSでも2着と健闘しました。
同じ位置から仕掛けた勝ち馬には最後に突き放されているわけで、
能力比較では割引が必要になりますが、成長分でどこまで・・・

サトノクラウン】牡3 56.0 (美浦) Marju×(Rossini)
後方から鋭く伸びて東スポ2歳Sを連勝で制覇。
中盤に緩んだ割に前が崩れ過ぎた感はあるものの、瞬発力の高さは
十分に評価して良さそうです。
東京でしか走っておらず、位置取り、脚質からしても中山で結果を
出せるかには不安もありますが、ラストタイクーンの系統ということで
メイショウドトウのイメージ見れば中山は問題なさそう。
本番に向けてどうこなしてくるか注目したいところ。
かなり間を空けてきているので、馬体の出来にも注意が必要。

シャイニングレイ】牡3 56.0 (栗東) ディープインパク×(クロフネ)
前につける脚質で新馬戦、ホープフルSと連勝。
少し乱ペース気味ながらスローで流れており、前優勢の流れになったので
レベル的にどうかは微妙な面がありますが、同条件の上に
スローになりがちな弥生賞ならば再び好走の余地はありそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。