けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都記念(展開分析)   担【けん♂】

京都記念コース
※京都2200mのコース図と京都記念(01年~)の平均ラップ

京都記念が行われる京都2200m(外回り)は
ホームストレッチ側の直線からスタート。
最初のカーブまでは約400mあるので、先行争いが激化することは
あまりなさそうです。
内外の枠順の差もほとんど関係ないと考えられます。
どちらかというと差し馬の方が閉じ込められる可能性を考えると
外枠に入りたい感じでしょうか。

隊列が落ち着いてしまったあとは、カーブ、上り坂、下り坂と続くため
位置取りを変えるのはかなり大変そう。
スタート直後の位置取りにも注目したいところです。

1000m辺りから始まる上り坂では例年かなりペースが落ちる傾向。
12秒後半から13秒台に落ちる年もあります。
ここでペースを落とさずに上り切るようだと後半はかなり厳しい消耗戦。

上り坂でペースを落とした場合は、下り坂から息を入れられない
長い脚を求められる展開になります。

過去の京都記念(良馬場)の上位馬の4コーナー位置取り
    1着→2着→3着
14年  2  4  4(番手)
13年  7  9  
12年  1  5  7
11年    8  
10年  3  5  6
09年  2  3  1
08年 10  7  
06年  8  4  2
04年  2  5  1
02年  2  3  9
01年 12    8

基本的に好位より前の馬で決着しやすいレースと言えそうです。

上記の年の後半1000mのラップを見てみると

14年 13.0-12.2-11.5-11.0-11.7
13年 12.2-12.0-11.8-11.3-11.5
12年 12.4-12.0-11.3-11.8-12.4
11年 12.4-12.0-12.0-11.2-11.6
10年 12.9-11.9-11.7-11.4-11.3
09年 12.8-12.2-11.9-11.4-12.7
08年 12.3-11.7-11.3-11.9-12.1
06年 12.0-11.9-11.5-11.6-12.9
04年 12.3-11.5-11.4-11.6-12.2
02年 11.8-11.4-11.6-11.5-11.7
01年 12.9-11.9-11.9-11.8-11.7

08年は後ろから2つ目のラップが11.9と鈍っており、
前の馬の脚が止まっていることがわかります。
01年も上り坂で大きく緩んで隊列が縮まり、後半も淡々と流れて
後続の馬が詰め寄りやすくなっています。
こうなるとある程度後方からでも届きやすい展開になってきます。
12年も後ろから2つ目のラップが緩んでいました。
9頭立てと超少頭数だったので、2、3着は好位、中段からに見えて
実質は後方からなので、傾向的には差し馬の台頭と
見て良さそうです。

06年や02年はこの前の段階(上り坂)でもペースが厳しく、
最後に大きく失速しています。後続は詰め寄りにくいながらも
前の馬の負荷は相当高く、決め手のある差し馬に有利に働いたと
考えて良さそうです。

13年は序盤が極端にスローになり、焦れた馬が前に上がって行って
先頭が入れ替わる乱ペース。前の馬は早仕掛け気味になって
消耗度が高くなった、という側面もあった印象ですが
内外の馬場差も大きく、外を回した差し馬にとって有利な
レースになってしまいました。

14年は横山典騎手が思い切った超スローペースを作って極端に
前優勢の展開を演出。表記では2番手になっていますが、道中はハナに
立っていたデスペラードがそのまま押し切って大波乱。
極端に人気を背負ったジェンティルドンナは6着と不可解な敗戦となりましたが
休養明けや、荒れた芝に弱い馬などは割り引いて見る必要がありそうです。

さすがにこのクラスになるときさらぎ賞とは違い、
800mダッシュでも難なくこなしてくる実力馬が集まっていると
考えられますが、距離の関係もあって意外に下り坂入り口で
急加速するパターンは少ない
印象。
前の馬への負荷もそれほどではないことが結果に繋がっていると思われます。

時期的に雨や雪が降りやすいので、その辺りも考慮しながら
展開については改めて考えてみたいと思います(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。