けいけん豊富な毎日

東京新聞杯(各馬分析1)   担【けん♂】

今週はきさらぎ賞(京都1800m)も行われますが、こちらは
時間があればメンバーについてざっと見る程度で回顧を中心にする予定。
・・・それにしても登録の段階で9頭って・・・(T_T)

東京新聞杯(東京1600m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アルフレード】牡6 56.0 (美浦) シンボリクリスエス×(サンデーサイレンス)
3連勝で朝日杯FSを制し、NHKマイルでも2着に入りましたが
ダービー後に屈腱炎を発症。1年半の休養を挟んで復帰し、
徐々に良化。位置取りが悪い上に、仕掛けどころが鈍くて
届き切っていないものの、速い上がりを使えるようになってきているだけに
復調傾向にある、と考えて良さそうです。
ハイペースの前崩れならば出番があってもいいかもしれませんが
スローで流れるようだと・・・

アンコイルド】牡6 56.0 (栗東) Giant’s Causeway×(Alzao)
中距離以上を中心に使われてきており、2000m未満では
4走して掲示板もなし(ダート1戦を含む)。
13年夏には内を差してコースを上手く使う内容で好走をしましたが
力勝負では厳しく、ここ5戦は連続二桁着順と完全に調子を
崩してしまっているだけに、マイル短縮で刺激をしたとしても
急な復活を期待するのは酷。

エキストラエンド】牡6 57.0 (栗東) ディープインパクト×(Garde Royale)
順延&重馬場となった昨年の東京新聞杯ではハイペースを後方から差して
2着に入線。基本的に後方からの脚質で、仕掛け遅れ気味になる
ところがあるので、直線が長い広いコース向き。
このところはかなり安定して末脚が使えており、前走の京都金杯でも
2着と状態が良さそうなだけに、実力的には今回は上位評価。
ただし、前優勢の展開になると絡め取られる危険性もあるので
過信は禁物。

ゴールデンナンバー】牝6 54.0 (美浦) ダイワメジャー×(Selkirk)
後方からの脚質で東京でも牝馬限定の1600万下を勝つなど
好走がありますが、牡馬相手の上位レースとなると少々足りない面を
見せてしまっています。前走の京都牝馬Sでは内をショートカットして
伸びて2着に入りましたが、誤魔化しの利かない東京だと
末脚勝負では分が悪そう。前が止まらない展開もマイナス。

サトノギャラント】牡6 56.0 (美浦) シンボリクリスエス×(サンデーサイレンス)
昨年の関屋記念で3着に飛び込みましたが、重賞では後方から
届かないレースになりがち。昨年の東京新聞杯では最速の上がりを
使いつつも5着までに終わっています。
休養を挟んで+14kgと増やしてきた馬体を絞り込めば
今回は良い状態でレースに臨めそう。ただし、この馬も
脚質的に前が止まらないと・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きさらぎ賞

こんばんは

けんさんの分析によると、「きさらぎ賞はダービーとリンクしやすい」だったと記憶してます。

今年の登録は9頭みたいですが、前評判が高かった馬も多く何より自分の指名馬が3頭出走予定。(何もこんなにかぶらなくてもいいのに)

けんさんの回顧楽しみにしてますp(^-^)q

名無し | URL | 2015年02月04日(Wed)01:39 [EDIT]


>名無しさん
きさらぎ賞の勝ち馬は将来的に期待しやすい馬が
多い感じですよね。
ダービー、菊花賞・・・もちろん
内容によって評価は変わるわけですが
今年もレベルが高いレースを期待したいです。
少頭数ながらメンバーが揃った感がある今年の
きさらぎ賞ですがPOG馬が3頭ってのは
凄いですね~。迷うところですが是非
先に繋がるレースをして貰いたいものです(^^)g

けん♂ | URL | 2015年02月04日(Wed)05:30 [EDIT]


 

トラックバック