けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードS回顧   担【けん♂】

春のスプリント王に向けて、シルクロードSが行われました。

斤量の平均などで見るとそこまで低調な数字ではありませんが、
内容的にはやはり・・・どう見ても低調なメンバー構成

6歳牝馬ながら京都1200mで非常に安定して好走している
アンバルブライベンに期待してみたものの、その他の馬が選べないという非常事態(爆)
本命に◎を打っただけ、という情けない印で突っ込んでみましたが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着◎アンバルブライベン    1.07.9  上がり34.0
2着 サドンストーム
3着 セイコーライコウ

※全着順は→ココ

内から気合を入れて押して押してアンバルブライベンがハナへ。
好スタートを切ったブルーストーンの外からニザエモンが前に絡んで行こうとしますが
結局譲らず、アンバルブライベンがペースを握りました。

その後ろに並んでヘニーハウンド、マジンプロスパー、一旦は前に被せて
抜けそうになったベルカントは少し控える形。

ブルーストーンが下げてその後ろ、外にカオスモス。
続いて中段にエイシンブルズアイ・・・やはり控え気味。
バクシンテイオー、ワキノブレイブ、ホウライアキコが続き、
ルナフォンターナ、後方に控えてサドンストーム、ベステゲシェンク、
メイショウツガル、スギノエンデバー、最後方から押し上げてセイコーライコウ。

11.9-10.9-11.1-11.2-11.1-11.7
前半600m 33.9
後半600m 34.0

ラップ比較
シルクロードラップ比較グラフ

基本的にはスローで出て後傾ラップを作りたいアンバルブライベンですが、
重賞ということで力が入った面もあったと思われますし、外から絡まれたことで
スタート直後に思い切って押してペースアップ。

速く出過ぎたときには中間からペースを落とすのが田中健騎手のパターンだと
考えられ、今回も山城Sのときと同様・・・といってもさすがに
落とし過ぎはしませんでしたが、ジワッとペースを緩めて脚をためていく
展開を作っています。

スローから加速していく展開ほど前優勢ではありませんが、
4コーナーで微妙に加速を入れて緩めなかったことで、縦長の隊列を
維持した形で直線へ。

後続を突き放して悠々一人旅となったアンバルブライベンがそのまま
押し切って重賞2勝目を達成!
2着には後方から外に出して、前が空くのを待ったサドンストーム
凄い脚で追い込んで入線。
このところの末脚の威力は安定しており、好調ぶりが伺われます。
最後方から内を突いてショートカットして前に詰めた
セイコーライコウがベステゲシェンクの追い込みを凌いで3着に粘りました。
藤岡康騎手の好騎乗が光った印象です。

★レース後のコメント
1着 アンバルブライベン(田中健騎手)
スタートして先手を取り切ったら、あとはしっかりおっつけました。
2番手の馬にこられましたが、馬がよく我慢してくれました。とにかく後続は気にせず、
ペースを守ることだけを考えました。一戦ごとに力をつけていますし、
よくがんばってくれました


(福島信晴調教師)
今回は人気を背負いながら勝ってくれました。これは大きいですね。
このあとはGIを目指したいと思います。中京は実績がありませんが、
何とかがんばってもらいたいです


2着 サドンストーム(国分優作騎手)
馬もしっかり脚を使っています。本当に落ち着いて乗りやすい馬です。
ただ、もう少し流れるかと思ったのですが。勝ち馬に強いレースをされてしまいました


3着 セイコーライコウ(藤岡康太騎手)
外枠でしたし、思い切って下げてロスなく運びました。直線も前が綺麗に開いて、
いい脚を使ってくれました。逃げた馬が残る展開の中で力を見せてくれたと思います


4着 ベステゲシェンク(川田将雅騎手)
この馬には向かないペースの中、直線よく詰めています。このクラスでも十分戦えます

5着 バクシンテイオー(A.シュタルケ騎手)
いいスタートからうまく中団につけることができました。抜け出したときは
やったと思いましたが、緩い馬場で加速がつきませんでした。
もう少し流れるかと思いましたが、勝ち馬のペースになりました


6着 ブルーストーン(川島信二騎手)
もう少しスムーズならよかったのですが......。芝自体は問題ありません

7着 ヘニーハウンド(浜中俊騎手)
内枠だったので、うまく勝ち馬の後ろからと思っていました。
よくがんばっているのですが......


9着 エイシンブルズアイ(秋山真一郎騎手)
位置を取りにいこうと思って、出して行きましたが、スピードに乗れませんでした。
ガツンと来るところがなかったです。斤量を背負った分があったのか......。
人気になっていたのに申し訳ないです


10着 ルナフォンターナ(岩田康誠騎手)
一度グッと来ましたが......。直線で脚が上がってしまいました

12着 ベルカント(藤岡佑介騎手)
もう少し行くつもりで仕掛けていきましたが、3番手が精一杯でした。
4コーナーで早々に手が動く感じでしたし、どうも今日は前向きさが出ていませんでした


前につけて行って突き放されたグループは完全に力不足。
(もしくは調子が整っていなかった)
前崩れ、とまではいかない流れを強引に差し込んだサドンストーム、
ベステゲシェンク
は中京1200mの本番に繋がるレースが出来たと思われます。
アンバルブライベンも良いレースをしたと思いますが・・・
レースレベルを落として逃げ切った印象は否めず、京都1200mで
自分のペースで行けてこそ、という条件つきのタイプだと考えておきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

けんさんお疲れ様ですm(._.)m
サドンストーム軸の3連複買ったんですがセイコー最後に切って撃沈しました・・・

やっぱりケチると当たりませんね(笑)(°▽°)

あとは早くキズナの復帰戦見たいですね~(°▽°)

ストイック | URL | 2015年02月01日(Sun)23:21 [EDIT]


>ストイックさん
サドンストームからの3連複!
セイコーライコウの能力は認めるものの、
出来は微妙に見えましたし、今回は騎手の
コース取りが抜群でした。
いやー・・・買いにくい!
それでも最後まで買い目候補だったのは
惜しかったですね!次回この分まで!

けん♂ | URL | 2015年02月02日(Mon)07:51 [EDIT]


バクシンテイオー

けんさん、こんばんは。

シュタルケ騎手のコメントと同じく、抜け出した時やったと思いました(笑)。
1着はなくなったけど、3着確保だな。と思ったら後ろから来た馬にあっさりかわされて。

次走も応援します。今度いつ出てくるのかな?

すなやん | URL | 2015年02月02日(Mon)22:51 [EDIT]


>すなやんさん
逃げ切りが決まりつつも後方からの馬が
届く、という不思議な決着でしたね(^^;
見た目以上に馬場が緩かったみたいですが
惜しいレースでした。

次回はまた頑張って貰いたいですね~

けん♂ | URL | 2015年02月03日(Tue)13:07 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。