けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードS(斤量負担分析)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
シルクロードきんりゅ負担

今回の出走馬の平均馬体重(前走ベース)は・・・475kg

昨年は476kgと近い数字でしたが・・・基本的には490kgオーバーが普通で
500kgを超える年もあるわけで、かなり小柄な馬が集まった印象。
ひとまず05年以降の過去10年で最も軽い平均馬体重になっています。

過去のデータ的には実質斤量負担の上限は12.0%
昨年はストレイトガールが12.2%をこなして勝ち切っていましたが、
その後の活躍を観ても、ここで12.0%を超えて好走出来るようなら
先行きが明るい・・・かもしれません(^^;

昨年は今年と同様、かなり突出して平均馬体重が軽かったわけで
その意味では今年も小柄な馬にとっては例年よりは条件的にプラスと
考えても良さそうです。

13%超えのプリンセスメモリーはさすがに厳しいと思われますが、
・アンバルブライベン
・エイシンブルズアイ

この2頭は当日の馬体重の変動で微妙ではありますが、
ここが今後の試金石となりそうです。

ちなみに淀短距離Sではアンバルブライベンが57kgと牝馬にしては
酷斤量を背負っていたのに対し、エイシンブルズアイは55kgと
2kg軽い斤量で1馬身差の勝利。
今回は斤量が逆転してアンバルブライベンが0.5kg軽くなっているわけで、
合算、2.5kgの斤量逆転となっています。
一般的に1kg=1馬身差、と考えると・・・今回は順位的にも逆転が十分に
考えられそうです。

実質斤量負担が軽い方も・・・11.0%を切るような馬については
ハンデが軽過ぎて実質斤量負担が軽くなっているような馬は×。
ブルーストーンは厳しいと考えて良さそうです。
カオスモスは斤量は背負っているものの、馬格が大きいので実質的に軽負担。
こちらはプラスにこそなれ、あまり割り引く必要はなさそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。