けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロードS(枠順別実績)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)についてもう少し見ていきたいと思います。

枠順別実績
シルクロード枠順

ペースによって有利な位置取りがガラリと変わるコース設定だけに
枠順自体はあまり意識しなくていいのかもしれませんが(^^;
一応傾向をまとめてみたいと思います。

内、外の計だと完全に拮抗した数字になっていますが、
内容的には・・・中枠、内枠が優勢で外の7枠、8枠からは
勝ち馬が出ていません。

近年では13年に8枠から2着に入ったのは実績上位の
ダッシャーゴーゴー、12年2着のエイシンダックマンが
外からでも先手を取りに行く逃げ馬でした。

その前というと稍重の馬場の上にハイペースで外差し決着になった
08年にまで遡るわけで、基本的に7、8枠は大きく割り引いて
考えた方が良さそうです。
特にスロー気味の展開が想定される今回は、脚質的に前に行ける馬
以外は厳しいかも。

外枠の成績を押し上げているのは・・・4勝を挙げている6枠ですが
10年のアルティマトゥーレを最後にここ4年は結果を出せず。
もう少し内の4枠、5枠の方が成績的に上になっています。

昨年は1枠2頭がワンツーフィニッシュ。
先手を取れる実力馬が内で揃ってしまったらどないもこないも
ならないことを示しています(笑)

先週の京都牝馬Sは逃げたケイアイエレガントがそのまま押し切り、
2着には外枠から内を突いて抜けてきたゴールデンナンバーが入線。
枠的には外の馬で決着しているものの、内容的には内を通った馬が優勢
なっており、まだかなり内の馬場状態が良いと考えられます。

今回も枠順はあくまでスタート直後の位置取り想定の材料として考えて、
内を通れそうな馬を狙いたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。