けいけん豊富な毎日

シルクロードS(中間整理)  担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)について、ざっと見たところで
ちょっと頭を整理。

前回ふれたとおり、アンバルブライベンがマイペースで
行けるのであれば・・・少しスロー気味で前優勢の展開

位置取り的に有利になりそうな馬は・・・

・アンバルブライベン
・エイシンブルズアイ
・ベルカント
・カオスモス
・マジンプロスパー
・ニザエモン


この辺りでしょうか。

エイシンブルズアイは前走でアンバルブライベンに先着。
斤量差があった上に、通常よりもスローに落としていたのが
いい方向に出た印象ですが、ハイペースでも位置は取れる馬なので
チャンスは十分にありそう。

ベルカントはこのところ成績は微妙ですが、闘ってきた
相手関係を考えると、ここでは相対的に上昇。
過去の傾向的にスタミナも問われる形になりそうなので
血統面がどうか・・・。

カオスモスはスタミナには問題なさそうですが
短距離で好位を取れるかどうかが課題。
少なくともスッと前に行ける枠じゃないと厳しそうなので
枠順が決まってから考えてみたい1頭かと。

マジンプロスパーは格上の存在だけに、ここでも
まともに走れば十分に有力。休養明けに強いタイプではなく、
年齢的な影響がどう出るかが課題になりそう。

ニザエモンはこのレースで結果を出しているフジキセキ産駒、
という点が興味深いですが、このところの内容を見る限り、
力関係的には厳しいかも・・・。

脚質的には今回の展開には合わないかもしれませんが、
能力的に期待出来そうなのは・・・

・サドンストーム
・ベステゲシェンク


この辺り。

サドンストームはこのところの充実度が高く、前が残る展開でも
差し込んで来れるので、道中が緩んで隊列が短くなるようなら
要注意の1頭になるかも。

ベステゲシェンクはスタミナには問題なく、末脚勝負になれば
面白い1頭になるかもしれません。まだ上がってきたところなので
過剰評価は危険ですが、期待込みで注目。

スギノエンデバーは衰えが感じられ、ローブティサージュは
上がりが掛かる馬場じゃないと・・・という印象。
ルナフォンターナ、ワキノブレイブはちょっと限界が
見えている印象ですし、セイコーライコウも展開を
ひっくり返す程の脚は・・・期待薄。
ヘニーハウンド、プリンセスメモリーは年齢的にも微妙ですし
あえて狙いたくなる程の材料には不足かと。


・・・前の馬も後ろの馬もそれほど信用出来るわけではないので(爆)
どの馬の過信は禁物。もう少し煮詰めていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック