けいけん豊富な毎日

AJCC(各馬分析2)   担【けん♂】

AJCC(中山2200m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

セイクリッドバレー】牡9 56.0 (美浦) タニノギムレット×(フジキセキ)
昨年もダイヤモンドS2着と健闘しましたが、秋の重賞戦線では
15着、7着、9着と以前の勢いは完全に失っており、
ここで復活を期待するのは難しそうです。
後方からの脚質になってしまっているのでコースも合わない可能性が高そう。

ダークシャドウ】牡8 56.0 (美浦) ダンスインザダーク×(Private Account)
一線級に一枚足りないながらも安定した成績をおさめていたのは12年まで。
その後は重賞クラスで勝ち負け出来るかどうか、というくらいに
落ち着いてしまっています。それなりの末脚は使えているものの、
位置取りの悪さ、仕掛けどころの鈍さが響いている感じ。
以前のようにある程度位置を取って競馬が出来れば能力的には
ここでは上位評価。枠順と騎手と出来に注目。

ディサイファ】牡6 56.0 (美浦) ディープインパクト×(Dubai Millennium)
ある程度前につけるスタイルで実績を積み重ね、昨年は中山金杯3着、
夏にはエプソムCを制しました。昨秋は後方からの脚質になってしまい
天皇賞秋12着、JC15着と連続大敗を喫してしまいましたが
本来のスタイルに戻せれば中山でも十分に対応が利きそう。
少し絞って出て来れたら良化にも期待出来そうなので出来を見て・・・。

パッションダンス】牡7 56.0 (栗東) ディープインパクト×(ジェイドロバリー)
長期休養明けの金鯱賞では14着と大敗してしまいましたが、
前走の中山金杯では好位から粘り込んで4着と復活の手応えを得た感じ。
上位馬には突き放された内容で、力関係的には評価は出来ませんが
使ってさらに良化があれば・・・というところ。
前優勢の流れに乗れたら相手次第で食い込めるかも・・・。

フェイムゲーム】牡5 57.0 (美浦) ハーツクライ×(アレミロード)
昨年のAJCCでは乱ペースで前崩れになる中、後方から
押し上げて3着に入線。デビュー当時から中山中心に使われて
きていましたが、基本的には後方からになりやすく、
この血統らしい反応の鈍さもあって本質的にはあまり
コース適性は高くないと思われます。
今回は相手関係的に人気を背負うことになりそうですが、
馬格不足も含めてあまり信用するのは危険かも。

フラガラッハ】牡8 56.0 (栗東) デュランダル×(トニービン)
昨年のAJCCでは後方から差し込んで5着。
基本的に後方からの脚質なので中山適性はかなり低く
前が止まる展開にならないと厳しいと思われます。
昨年は2000mで3着(鳴尾記念)と新しい面を見せましたが
距離延長でも位置を取りに行けないのでやはり展開次第。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック