けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念回顧   担【けん♂】

17時間寝てました・・・(^^;

結局、最後にまとめることが出来なかったシンザン記念(京都1600m)について
振り返っておきたいと思います。

上位人気馬にも不安があり、全体的に低調なメンバー構成。
各馬について見たところでも「これは!」と期待感を持てそうな馬が見つからず、
どこからどう考えるべきかも・・・

結果は・・・

1着グァンチャーレ   1.34.8  上がり33.7
2着ロードフェリーチェ  アタマ
3着ナヴィオン 

※全着順は→ココ

好スタートを切ったナヴィオンはスッと下げ、内からレンイングランドが
ハナを奪って逃走。
クインズロンベールが続き、内からノースストーム、サトノフラムが前へ。
クイーンズターフを追ってメイショウマサカゼ、ヤマニンマンドール、
ダンツメガヒットが並び、少し遅れてグァンチャーレ。
さらに後ろにダッシングブレイズ、ロードフェリーチェ。
いつの間にやら最後方にナヴィオンという態勢。

12.6-11.3-11.8-12.5-11.9-11.5-11.5-11.7
前半800m 48.2
後半800m 46.6

前半800mが48秒台にまで落ち込んだのは・・・05年以来10年ぶり。
シンザン記念は前傾ラップ、平坦ラップ、後傾ラップの3パターンが
出現するレースですが、今年は極端なまでの後傾ラップ

過去に後傾ラップになった年(03年、04年、05年、06年、07年)の
平均ラップと今年のラップを比較してみると・・・

ラップ比較1:スローペース】
シンザングラフ1

今年のラップは中間地点(坂の頂上)で大きく緩んでおり、
さらにそこから急激な加速が始まっていることがわかります。

スローペースを維持して後半まで淡々と進んだ場合は前が極端に優勢に
なりますが、3歳最初の時点で後半800mのロングスパート
相当厳しい負担になってしまいます。

今回ペースを握ったレンイングランドの浜中騎手は14年には
ミッキーアイル、13年にはエーシントップでこのレースを逃げ切っています。
ここ3年を比較してみると・・・

ラップ比較2:浜中騎手】
シンザングラフ12

今年のペースの作り方は・・・昨年のミッキーアイルとかなり近い形。
ミッキーアイルは後半800mのロングスパートをしっかりこなして
残り1ハロンまで加速し続ける高い能力を示しましたが・・・
レンイングランドは残念ながら直線に入るところで脚が鈍り始めて
しまっています。

直線に入って内で踏ん張ったレンイングランドは体全体を大きく
使った走りで好感がもてますが、さすがに脚の回転は鈍り、
惰性で走っている感じ。

直線入り口で一気にギアを上げて前に詰め寄っていった
グァンチャーレが馬群の外を通って一気に前へ。

コーナーリングで遅れてしまったロードフェリーチェ、
ダッシングブレイズ、ナヴィオンが一団となって追いかけ
ゴールラインで横並び一線!

先に仕掛けた利を活かしてグァンチャーレがシンザン記念を制しました。
2着にはロードフェリーチェ、3着にはナヴィオンが入線。

SS系優勢のレースですが、今年は1、2着をスクリーンヒーロー産駒、
ハービンジャー産駒が占め、コーナーでやっぱり詰めの甘さを見せた(爆)
ハーツクライ産駒が3着。

レース後のコメント
1着 グァンチャーレ(武豊騎手)
思ったよりもゲートを出ましたし、道中もリズムよく運べました。4コーナーの手前で
外へ振られましたが、直線でもう一度脚を使ってくれました。前はつかまえられると
思いましたが、後ろからも来ていましたし、何とか我慢してくれという気持ちでした


(北出成人調教師)
まだ若いところもありますし、このあとは一息入れます。ジョッキーも
1800~2000mの方が競馬はしやすいかもしれないと言っていましたし、
クラシックも見据えて今後を考えようと思います


2着 ロードフェリーチェ(四位洋文騎手)
今日も後ろからのレースでしたが、重賞ですから馬群のすぐ後ろの位置につけました。
ただ、向正面で100mぐらいハミを噛んだところがあって、
直線で前をつかまえられそうな感じで届かなかったのはその分でしょう。
それでも今日はこの相手で十分やれたし、これから楽しみな馬です


3着 ナヴィオン(福永祐一騎手)
坂の下りで加速できず、置かれてしまいました。阪神のようなコースの方が
この馬のよさを発揮できるとは思いますが、切れ味がありますし、
力のあるところは見せてくれました


4着 ダッシングブレイズ(C.デムーロ騎手)
ゲートは普通に出ましたが、馬がいい動きになるまでに時間がかかって
後ろからになりました。トップスピードに乗るまでに時間がかかるので、
距離は1800mくらいあった方がいいかもしれません。能力を感じる馬です


5着 レンイングランド(浜中俊騎手)
今日はマイペースで行けましたし、ゴール手前までよくがんばってくれたと思います

7着 ヤマニンマンドール(岩田康誠騎手)
今日は動くのが少し早かったかもしれません。力のある馬ですし、
流れが向けばチャンスはあると思います



全体としては「スローの早仕掛けによる前崩れを差したレース

ロングスパートに耐え切れなかった前の馬はそこまで高く評価出来ませんし、
最後に素晴らしい脚を見せた差し馬も末脚の能力は評価できるにしろ、
スローペースで脚を存分にためられた結果であり、コーナーで立ち遅れた
2~4着馬は今後も仕掛けのタイミングが難しくなりそうです。

それぞれに今後の成長を期待したいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

結局やったんか

けんさん、こんばんは。

17時間眠られてスッキリしましたか?
まだ怠いでしょうか。

前から今年のシンザン記念は見と決めておいて、結局やりました(笑)。
ロードフェリーチェの単勝と複勝馬券買っていました。
ロードフェリーチェ前走は直線出すところがなく、負けて仕方がないレースでした。
今回は外枠引いたのでチャンス?と思いまして。
中一週、けんさんが書かれていた斤量と馬体重の話がありましたが、追い切りが良かったので注目していました。
決め手はパドック気配の良さでした。
勝った?と思う末脚見せてくれましたがアタマ差届かず。
複勝当てれて良かったです。

明日はフェアリーS、カービングパスの単勝と複勝馬券を買う予定です。

すなやん | URL | 2015年01月11日(Sun)18:40 [EDIT]


>すなやんさん
いやーすっきりしました。
風邪だけでなく疲れもたまってたんでしょうね。
ここでリフレッシュできたことを
幸いとしたいと思います。

ロードフェリーチェ!
的中おめでとうございます♪
実力差が感じられないメンバー構成だっただけに
追い切りなどで調子を見るのが正解だった
気がします。
明日も期待しています♪

けん♂ | URL | 2015年01月11日(Sun)21:33 [EDIT]


 けんさん

 こんばんは、大丈夫なんですか?

ご無理されないように、早く治してくださいね。 

マロン | URL | 2015年01月11日(Sun)21:54 [EDIT]


ハーツクライ産駒

ハーツクライ産駒は
京都芝重賞1〜3番人気において
[0.4.5.6] なんと15連敗

ヌーヴォレコルト エリ女 1人2着
ヌーヴォレコルト 秋華賞 1人2着
ウインバリアシオン 春天 3人2着
ウインバリアシオン 菊花賞 2人2着

ウインバリアシオン 春天 2人3着
ナヴィオン デイリー杯 1人3着
ギュスターヴクライ 京都大賞典 2人3着
メイショウナルト デイリー杯 2人3着
ナヴィオン シンザン記念 3人3着

ウインバリアシオン きさらぎ賞 1人4着
ジャスタウェイ きさらぎ賞 3人4着
ジャスタウェイ 京都記念 1人5着
ウインバリアシオン 京都記念 2人6着
ワンアンドオンリー 菊花賞 1人9着
マジェスティハーツ 菊花賞 2人13着



不思議な血統傾向は続くものですね。

key | URL | 2015年01月11日(Sun)23:51 [EDIT]


>マロンさん
ありがとうございます。
もう大丈夫です(^^)g

まぁまだ冬は続くので油断は厳禁ですよね。
マロンさんもお体には気をつけてください。

けん♂ | URL | 2015年01月12日(Mon)03:48 [EDIT]


>keyさん
おー素晴らしいデータですね~!
ありがとうございます。

トビが大きい馬が出るので京都は合う
イメージでしたが、私がとったデータでもどうやら
京都は合わない模様。
これからも有力馬でも割り引きつつ考えた方が
良さそうです。いやー本当に血統って不思議ですね。

けん♂ | URL | 2015年01月12日(Mon)03:51 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。