けいけん豊富な毎日

シンザン記念(斤量負担分析)   担【けん♂】

シンザン記念(京都1600m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
シンザン斤量負担

今回の出走馬の平均馬体重(前走ベース)は474kg
ほぼ例年並みとなっています。
極端に小柄な馬が勝っている年は平均自体が10kg近く軽くなる
傾向が出ており、その意味では今年はおおよそ平年並みの
結果に落ち着く可能性が高そうです。

ということで・・・極端に馬格がない
・グァンチャーレ
・ロードフェリーチェ


この2頭は実質斤量負担で12.5%を超えており、
実績的に抜けている感じはないだけに厳しそう。

ヤマニンマンドールも極端な馬体減だと危険水域に
入ってしまうので当日の増減には注意しておきたいところです。

460kg台の馬も好成績になっていますが、
出走頭数の割合から500kgオーバー(11.0%以下)の馬の
好走率は非常に高くなっており、その意味では
レンイングランドは面白そうですね(^^)g
他の牡馬は斤量増になるのに対し、この馬だけは
前走で56kgを経験しているのも強味になりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック