けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念(枠順別実績)   担【けん♂】

シンザン記念(京都1600m)の枠順別の実績について調べてみました。

枠順別実績
シンザン枠順

昨年は1番人気を背負ったミッキーアイル8枠から勝利をおさめ、
13年の2着には6枠からヘミングウェイが飛び込んでいましたが、
それまでの3年間は1~4枠の馬で決まっており、完全に内枠優勢

07年に7枠の馬がワンツーを決めていますが、アドマイヤオーラ、
ダイワスカーレットという強力な2頭だった上に、この年は
10頭立てと少頭数。実質的に馬番ではそんなに外ではなかった、
ということになっています。

06年には8枠のゴウゴウキリシマが勝っていましたが
この年も9頭立て。実質的には5枠相当だと考えた方が良さそうです。

馬番別実績
シンザン馬番

※P計→1着を3p、2着を2p、3着を1pとして集計した数字

P計が10pを超えているのは1番、3番、4番、7番
2番、5番もそれなりに数字は高く、内目の中枠>内枠>外枠
という並びになっています。

少頭数になることもありますが、二桁馬番の馬で勝ったのは
昨年のミッキーアイル(12番)が初めてということになっています。
・・・うーん、人気馬が外に入ったらどうしよう・・・と不安になるほど
枠順、馬番の偏りが見られますね。
13番より外はまったく絡めていません。

まぁ・・・今年も12頭立てと少頭数気味になったわけで、外枠といっても
それほどではありませんが、外目に入った人気薄はさすがに厳しそうです。
実力的にもそれほど抜けた馬がいる感じはないだけに、外は見切って
内枠の馬BOXで穴が絡むのを期待する、という手もあるかも・・・?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。