けいけん豊富な毎日

シンザン記念(展開分析)   担【けん♂】

まだ月曜開催がありますが、いつものリズムに戻していきたいと思います。
今週はシンザン記念(京都1600m)、月曜にはフェアリーS(中山1600m)
行われます。

明け3歳馬のレースということで、まだ脚質も能力も不安定な馬が多く
ダイワスカーレットやアドマイヤオーラみたいな飛び抜けた馬がいれば
話は別ですが、どの馬も過信は禁物。
実際、オルフェーヴルもシンザン記念では負けていますし・・・。

ジェンティルドンナやミッキーアイルの例もあり、GⅠに繋がることもある
レースですが逆にその後にまったく音沙汰がなくなる(失礼^^;)馬で
上位が占められることもあったりします。

当然の話ではありますが、メンバーの質、レース内容次第・・・
先々に繋がるレースなのかどうか、しっかりとチェックしておきたいと思います。

シンザン記念を中心に考察していく予定ですが、時間に余裕があれば
フェアリーSについてもざっと内容をチェックしておきたいですね。

今週は一応、合間合間にデータの整理も行う予定。
(予定は未定ですが:爆)
上手く時間配分していきたいと思います。

シンザン記念コース
※京都1600mのコース図とペース別のシンザン記念のラップ平均(03年~)

シンザン記念が行われる京都1600mは先週行われた京都金杯と同じコース。

【上位馬の4コーナー位置取り:シンザン記念】

    1着→2着→3着
14年  1  2  7(番手)
13年  1  8  4
12年  4  3  2
11年  3  8  6
10年  3  1  8
09年  3  4  4
08年 15  9  2
07年  5  3  6
06年  1  3  2
05年  7  7  7
04年  1  2  6
03年  6 10  4

14年は外から強引に先手を取ったミッキーアイルが
ウインフルブルームを引き連れてそのまま逃げ切り勝ち。
3着にタガノグランパが差し込んでいますが、3馬身以上離された
完敗の内容。

13年はエーシントップが前半から飛ばしてそのまま押し切りましたが
中段からの馬に詰め寄られていました。
前で脚を伸ばして3着に入ったタマモベストプレイはその後に
きさらぎ賞を勝っています。

前後半に差がない平坦ペースとなった12年は後半に淡々と長く脚を
使う展開を好位からジェンティルドンナが押し切って圧勝。
最後まで脚が止まっておらず、余力を残しての勝ち方は
先々の活躍を予見させる内容でした。

11年は短距離の先行馬の脚が止まりましたが、3番手から抜け出した
レッドデイヴィスがあっさりと押し切り勝ち。
後方から追い上げたオルフェーヴルは届かずに2着まででしたが
後傾ラップを差し込んできた点はさすが、というべきだったかも。

ハイペースの前崩れになった08年は後方からの馬が突き抜けていますが
それでも3着には先行馬が残りました。
基本的に前の馬が好結果を出していることがわかります。

基本的には中心になるのは先行、好位からの馬。
中段、後方から差し込むには展開の助けが必要になります。
(展開を無視して差し込んだ馬は能力的に高い評価が出来そう)

ポイントになるのはやはり前半のペース。
前半800mを46秒台前半以下で行った場合は脚が維持出来ずに
前崩れになりやすいですね。
短距離の先行馬が出走してきた場合は注意が必要ですが
距離延長の場合は慎重になることも多く、3歳馬の場合は特に
スロー気味になりがちです。

もうひとつ注意点は、前半を47秒台で少しゆったり目に行っても
先行馬の能力が不足していると、後半にさらにペースが落ちる
非常に低レベルなレースになる、ということ。
この場合も後方の実力馬が突っ込んできやすい展開となります。

逆に速いペースでも前で押し切った経験のある先行馬がいれば
かなり期待出来そうです(^^)

展開と微妙に関係しそうですが・・・
このレースは血統に関しても特徴が出ています。
01年以降の上位馬の血統を見てみると・・・

SS系       25頭
ミスプロ系      6頭
ノーザンダンサー系  5頭
ロベルト系      3頭
トニービン      1頭
その他        2頭

出走数との兼ね合いもありますが、サンデーサイレンスの系統の馬
非常に強い傾向が出ています。
その辺りも意識して出走馬を見てみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック