けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念(過去の勝ち馬の馬体)   担【けん♂】

過去の有馬記念(中山2500m)の勝ち馬の写真を並べてみました。

【オルフェーヴル】
(13有馬記念)
オルフェーヴル13有馬

【ゴールドシップ】
(12有馬記念)
ゴールドシップ12有馬

【オルフェーヴル】
(11有馬記念)
オルフェーヴル11有馬

【ヴィクトワールピサ】
(10有馬記念)
ヴィクトワールピサ10有馬記念

【ドリームジャーニー】
(09有馬記念)
ドリームジャーニー09有馬

【ダイワスカーレット】
(08有馬記念)
ダイワスカーレット08有馬

【マツリダゴッホ】
(07有馬記念)
マツリダゴッホ07有馬

【ディープインパクト】
(06有馬記念)
ディープインパクト06有馬

【ハーツクライ】
(05有馬記念)
ハーツクライ05有馬

【ゼンノロブロイ】
(04有馬記念)
ゼンノロブロイ04有馬

【シンボリクスエス】
(03有馬記念)
シンボリクリスエス03有馬

【シンボリクリスエス】
(02有馬記念)
シンボリクスエス02有馬

【マンハッタンカフェ】
(01有馬記念)
マンハッタンカフェ01有馬

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

いやーやっぱりこの大一番を勝ち切る馬となると
歴史に名前を残すような名馬ばかりですね(^^)
牝馬のダイワスカーレットを除き、他の馬は全て種牡馬になっています。
今年はそういった勝ち馬の産駒同士の戦い、という視点で観るのも興味深いところ。
(シンボリクリスエス、ハーツクライ、ディープインパクト)
父の血を受け継いで父子制覇を達成する馬が出てくるのかにも
注目したいです。

こうして見ると、シンボリクリスエス以外は全てSS系の馬。
シンボリクリスエスもロベルト系ということで血統的には近いわけで、
かなりの偏りがあることがわかります。
ステイゴールド産駒が3頭(のべ4回)、というのも興味深いですね。

クビの角度、上半身の発達具合はどの馬も似たような形。
胸前にある程度深みがって、厚みも十分、心肺機能の高さが
感じられる馬体だと思われます。
持続力の高さを示す下半身ながらしっかりとした丸味を帯びて、
ある程度の瞬発力の高さも兼ね備えたタイプ。
肩から腰にかけての背中のラインもイメージを頭に置いて
いきたいところです。
後肢が流れているような馬はいません。

冬場なので毛ツヤがそれほど良く見えるわけではありませんが
それなりに滑らかな皮膚感。体調に問題があるような状態では
このレースを勝つのは難しいと思われます。

おおよそのイメージを頭に置いて今年の出走予定馬について
見ていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有馬記念2014のJRA出走予定馬予想オッズ3番人気ゴールドシップの追い切り内容は気にしない!

ゴールドシップは、過去の有馬記念で、1着と3着に好走。  このブログで、何度
[続きを読む]

競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆ | 2014年12月24日(Wed) 19:34


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。