けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FS(体重別実績)  担【けん♂】

朝日杯FS(阪神1600m)の体重別実績を見てみたいと思いますが、
コース形態が変更になっているだけに、データが繋がるかどうかは非常に微妙。
「この時期に活躍する2歳馬の傾向」という意味では使えるかもしれませんが
阪神1600mに合った馬体重の傾向、というものに違いがあるのであれば
見当違いになる可能性もあります。

ひとまず参考程度、ということで・・・・

体重別実績:朝日杯FS(04年~)】
朝日杯体重

この時期は牡馬もまだ成長途上。
出走頭数で見ても、牡馬にしては少し小柄な460~480kg程度の馬が
圧倒的に多くなっています。

好走馬はかなり広範囲にわたって出ており、極端な偏りはありませんが
出走頭数の割合からすると500kg以上の馬の好走が
非常に目立っています。
近年の結果を見ても07年、08年、10年、11年、13年と
500kgを超える馬が勝っており、昨年はアジアエクスプレスも
528kgとかなりの大型馬でした。

出走頭数が多い460~480kgのゾーンの馬は勝ち切れておらず、
あってもヒモまで・・・という成績。

基本的には馬格は大きい方が優位だと考えて良さそうで、
馬体重的には480kgは欲しい・・・という感じでしょうか。

440kgを下回る馬はほとんどいませんが06年にドリームジャーニーが
416kgで勝っています。
その後の活躍を見てもわかるとおり、完全に例外的な馬。
今年もこういう馬がいるかどうかには注意したいと思いますが
小柄な上に成績や血統が中途半端な馬については大幅に割り引いて
考えたいと思います。

実質斤量負担別実績
朝日杯斤量

朝日杯FSは55kgで斤量が統一されています。
牡馬のレースにしては軽い感じでそれほど大きな負担にはならないと思われます。

一応、好走の上限は・・・12.5%となっているわけですが、
12%を超えている馬が2着に入った08年、07年は
出走馬の平均体重自体が他の年に比べて7~15kgも軽く、
小柄な馬が多かった年になっています。

例年並み(477~485kg)程度の平均体重の年であれば、
ちょっとハードルを上げて12.0%を好走の上限だと見た方が
絞り込むのには良いかもしれません。

11.0%を切るような大型馬がはっきりと優勢
負担の厳しい馬は特に実績、内容で相当期待出来る馬に
絞って考えた方が良さそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。