けいけん豊富な毎日

阪神JF(各馬分析3)   担【けん♂】

阪神JF(阪神1600m)の出走馬が決まったところで抽選を突破した
馬について見ておきたいと思います。
※ユキノカトレアが回避のため6/10頭

アカリアイドル】牝2 54.0 (栗東) サクラバクシンオー×(ラムタラ)
ダートの1200mばかりで4戦、前走で斤量ハンデを貰って
勝ち上がりました。短距離血統らしい先行力が武器ですが、芝でどこまで
やれるかは未知数な上に、距離延長はマイナス材料になりそう。
ここで期待するほどの内容ではないだけに・・・

アルマオンディーナ】牝2 54.0 (栗東) キンシャサノキセキ×(ノーザンテースト)
スローで流れた1400mの新馬戦を2番手で追走し、そのまま抜けて完勝。
展開がハマった感も強く、レースレベルも低いだけに評価は微妙ですが
最後の1ハロンでスピードが落ちていないので余力は十分。距離延長も
マイルまでならこなせそうかと。ペースアップでどこまでやれるか試金石。

アローシルバー】牝2 54.0 (栗東) スペシャルウィーク×( A.P. Indy)
出遅れ気味になった未勝利戦では届かない競馬になってしまいましたが
前走では好位から前をとらえて勝ち上がり。
それなりに締まった流れに対応出来た点は評価出来ますが
切れ味はそれほどではなく、好位置を取って前が止まることが条件。
上位レースとなると厳しそうです。
▲10kgと馬体を落としてしまった点でも上積みにも期待しにくいのは
マイナス材料。

カボスチャン】牝2 54.0 (美浦) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
道中に13秒台のラップが続く超絶スローペースとなった東京1800mの
新馬戦で好位の前から抜けて競り合いを制して勝ち上がり。
脚色は抜けたものではなく、ヨーイドン!で位置取りがハマった印象。
極端に馬格がないので輸送競馬もマイナス材料。
距離経験はあってもペースアップでどうかはかなり微妙。

ダイワプロパー】牝2 54.0 (栗東) ダイワメジャー×(タイキシャトル)
京都1400mの新馬戦で勝ち上がったものの、同条件のファンタジーSでは
後方から前と同じ脚色になってしまい、11着と大敗。
前がすんなり流れた展開についていけなかった印象で、現状では
展開をひっくり返すような脚は使えない感じ。
距離延長でもう少し前につけられたら・・・という感じですが
それでも上位馬相手に凌げるほどの能力は期待薄。

ロカ】牝2 54.0 (栗東) ハービンジャー×(ダンスインザダーク)
超スローで流れた京都1800mの新馬戦を中段で追走し、
直線だけでごぼう抜き。前が残る展開をひっくり返した末脚は
映像で見ると驚異的です。最後は緩めたものの、時計の上では
11.0とまったく止まっておらず余力は十分。
レースレベルが低かっただけに過剰評価が怖い感じはありますが
今回はどこまでやれるか大注目。


・・・ロカが抽選を突破。
本質的には中距離以上の馬だと思われるのでここでマイル戦を経験するのが
どうかは微妙な気もしますが、それでも期待感が膨らむのはたしかです。
新種牡馬ハービンジャーは今年のPOGで完全に無視してしまいましたが(笑)
今回結果を出すような早い仕上がりの大物を出すようなら評価は大逆転。
来年以降の生産界にも思いっきり影響してくると思われます。
ロカの母父はダンスインザダーク。母のランズエッジはウインドインハーヘアの
仔だけに血統的な裏打ちも十分ですし、SS系牝馬とで結果を出せれば
今後の種牡馬としての期待度はグッと上がってくると考えられます。

まぁ・・・まだ目の前には高いハードルがあるものの、
色んな意味で今後に影響するレースになりそうですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック