けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズカップ回顧   担【けん♂】

ここ数日で2時間ほどしか寝てなかったので、昨晩はもうフラフラ・・・
予想をまとめながらも何度か意識が飛びかけ、布団に倒れ込んだらバタンキュー。
相方にレース時間だよ!と起して貰わなかったらまだ目が覚めてなかったわけで
15時間ほど寝てもまだ頭がぼーっとしています(逆に寝過ぎかもしれません:笑)

土曜の雪の影響で良発表ながら少し湿り気を残した中京競馬場のダートコースで
チャンピオンズカップが行われました。
前身のJCDから名称だけでなくコースも変更になって初のレース。
データはないに等しく、力関係メインに予想をしてみましたが・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着〇ホッコータルマエ  1.51.0   上がり36.4
2着 ナムラビクター     1/2
3着 ローマンレジェンド

5着▲ワンダーアキュート
12◎コパノリッキー

※全着順は→ココ

うーん、上位馬が脱落したら次点グループが進出、と考えていたわけですが
悪い予感の方が当たってしまいました(>_<)チャントシルシウテヨ・・・
ローマンレジェンドは3番人気というのは過剰な気がしますが、
逆にナムラビクターが8番人気というのはナメられ過ぎだった感じ。

クリノスターオーが思い切って先手を主張。
2番手にホッコータルマエがつけ、グレープブランデーが積極的に3番手で
ニホンピロアワーズと並ぶ位置。

ベストウォーリア、ナムラビクター、ローマンレジェンドが好位グループを形成。
自費で参戦してきた海外馬インペラティヴは中段、ダノンカモンの外に
出遅れたコパノリッキーが押し上げ、控えてサンビスタ、インカンテーション。
ワイドバッハに続いてカゼノコが最後方から、という態勢。

12.6-11.7-13.2-12.9-11.9-12.2-12.4-11.7-12.4
前半800m 50.4
後半800m 47.7

すんなりと隊列が決まったところでクリノスターオーのムーア騎手は
極端にペースを落とし、3ハロン目で13.2、4ハロン目が12.9
これで引っ掛かったダノンカモンなどは逆に消耗させられた感じです。

そこから急にペースアップし、下り坂でまたペースダウン。
緩急をつけたというより、非常にガクガクとした流れになった印象です。

直線に入ってホッコータルマエが競り掛けていったところで
クリノスターオーは脱落。
並んで進出したローマンレジェンドとの叩き合いを制して
ホッコータルマエが前に出たところにナムラビクターが襲い掛かりましたが
最後まで脚色が落ちなかったホッコータルマエが念願の中央GⅠ制覇を
成し遂げました。

レース後のコメント
1着 ホッコータルマエ(幸騎手)
最後は必死に追っていて、直線がすごく長く感じました。前でレースを、
と思っていましたが、思った以上に前の位置になりました。
ゴール前は他馬が近くにいるのが分かって、本当に必死でした。
去年勝たせてあげたかったのですが、やっと中央のGIを勝たせてあげることが出来ました


2着 ナムラビクター(小牧騎手)
惜しかったです。完璧に乗れたのですが、スローペースになってしまったのが誤算でした。
それでも馬込みの中で我慢出来たのは収穫です


4着 サンビスタ(松田騎手)
ペースが上がった時に促す感じになりましたが、すぐに反応してくれました。
馬が自分でレースをしてくれた感じです。すごく乗りやすかったです。
もう少しでしたが、上位の牡馬は強かったです


5着 ワンダーアキュート(武豊騎手)
思ったよりペースが遅くなってしまいました。この馬も伸びているのですが、
前も止まりませんでした。残念です


7着 カゼノコ(秋山騎手)
この馬なりの脚は見せていますが、前が残る展開になってしまい...。
もう少し流れて欲しかったです


10着 インカンテーション(大野騎手)
1コーナーでゴチャついて、流れに乗れなかったのが響きました。
外枠も厳しかったです。状態は良かったです


12着 コパノリッキー(田辺騎手)
ゲートで扉を蹴っていましたが、あのくらいのスタートは問題ないと思っていました。
追走の感じは良かったし、自分から上がって行って、このまま前に並べればと思いましたが、
勢いが止まってしまいました。いつもとレースのパターンが違ったし、
他馬との接触もあり、それでもやれると思ったのですが
...」

13着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
1コーナーで外に振られる形になりましたし、早めに来られて勝負どころで
手応えが怪しくなり、止めるような感じでした。状態は上がっていただけに
レースに結びつかないのは分かりません。馬の中で噛み合わない部分があるのかもしれません


正直・・・レースレベルは微妙。
こういう上げ下げが激しい展開は思った以上に消耗度が高くなりがちですが
それでも結果からしたらスローの前残り決着

まだ本調子とは言えないホッコータルマエは貫禄の勝利だと思われます。
ナムラビクターはこれまでのレース内容からすれば横比較で
重賞クラスの中では最右翼。力を付けてきているのは間違いないので
交流重賞などで上位馬と絡む経験を積めばさらに期待度が高まりそうです。

ローマンレジェンドはまだクビが高く、好調期のような推進力は
感じられませんでしたが、一時期のように自らレースを止めるような
ところが解消されたのは良かったですね。

4着に突っ込んだ牝馬のサンビスタの能力は評価できるものの、
逆に牝馬にここまでやられたこと自体がレース全体のレベルへの
疑いを感じてしまいます。
ワンダーアキュートは馬体写真を見て心配になったとおり
+13kgと太目残り。重い、というより仕上げ切れていなかったのかもしれません。

とりあえず事前に想定していた
・前優勢
・大型馬優勢


というポイントは完全に適合。来年以降にも繋がっていきそうです。

芝コースだと下りのカーブで外を通って加速していく馬が出てきますが、
ダートでは素直に内を通った馬が優勢。
直線に入ったところでの隊列は縦長になりやすいようです。
カーブでペースが落ちるのでGⅠクラスの馬は前で脚が止まらず
後方から差すのは物理的に難しく、位置取りは本当に重要。

ダート路線は基本的に大型馬が多いので当然と言えば当然かもしれませんが、
今年も1~3着馬は全て500kgオーバー
大きな馬に囲まれて揉まれてしまうと小柄な馬は厳しい、という
側面もあるかもしれません。余程の馬を除いて基本的には
馬体重で線引きをして考える手は使えそうです。

今年はメンバーが全体的に高い実績をもっていたので
絞り込むポイントには使えませんでしたが、格の上でも
・GⅠ勝ち(中央、交流)
・重賞勝ち(中央)


少なくともこの2点を満たしていないと上位入線は難しい、
と考えて良さそうです。

逆に意識しなくて良さそうなのは・・・中京実績でしょうか。
コース適性よりも単純な力関係、枠順(位置取り)を重要視した方が
いいのかもしれません。

さて、残すは2歳GⅠと有馬記念!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

けんさん

 こんばんは、お疲れ様です。
大丈夫ですか?体調は?睡眠はしっかり取って下さいね。

今週は苦手なダート戦なので見でした(汗)
もし買うとしたら、アキュートかナムラかな?と思って見て
ました。ホント人気薄の小牧Jは買いですね(笑)
来週も出るみたいなので押さえたいです。

体調に気をつけて、また来週もよろしくお願い致します。

マロン | URL | 2014年12月07日(Sun)23:27 [EDIT]


>マロンさん
この時期は特に無理をするとガクッと
きそうなので、気をつけないといけませんね。
ありがとうございます。

当初の本命予定だったホッコータルマエ、
2番手グループの中では筆頭候補だった
ナムラビクターで決まって自分の中では
納得なんですが、上位の人気を考えると
広くは買いにくく、中途半端な予想になったのが
大きな反省材料。もう少ししっかり
まとめないとですね・・・

こちらこそ来週もどうぞよろしく
お願いいたします(^^)/

けん♂ | URL | 2014年12月09日(Tue)03:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。