けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンズカップ(格について)   担【けん♂】

チャンピオンズカップ(中京D1800m)登録馬について、
ざっとクラス分けをしてみました。

★中央GⅠ勝ち(Aクラス)
コパノリッキー
ニホンピロアワーズ
グレープブランデー

★中央GⅠ好走、中央重賞勝ち(B1クラス)
インカンテーション
クリノスターオー
ダノンカモン
ナムラビクター
ベストウォーリア
ローマンレジェンド
ワイドバッハ

★地方GⅠ勝ち(B2クラス)
ホッコータルマエ
ワンダーアキュート
サンビスタ(牝馬限定)

★中央重賞好走、中央OP勝ち、地方重賞勝ち、3歳重賞勝ち
 地方3歳GⅠ勝ち(C1クラス)
カゼノコ
クリソライト

★地方OP勝ち(C2クラス)

★中央OP勝ちなし(Dクラス)

※→除外予定

便宜上B、DクラスをB1、B2といった形で分けましたが、
B1>B2という意味ではなく、同じBでも路線が違う、というイメージです。

ダートの世界はクラスの差の壁というのは意外に厚い印象。

クラスの差を飛び越えるためには・・・
・近走で連勝するなど、調子を上げてきている
・好走してきている上に仕上がりが非常に良さそう
・年齢的に成長が見込める


こういった条件が必要だと考えられ、ある日突然壁を破る、
というのはなかなかない、というのが実情。

近年はニホンピロアワーズが過去に例のないジャンプアップで
戴冠したり、コパノリッキー同様に急上昇でフェブラリーSを制覇、と
ちょっと傾向が変わってきているわけで、完全に見切るのは怖い感じですが
力関係の目安にはなると思います。

今回の出走予定馬と過去4年のJCD出走馬とクラスのバランスを比較してみました。

    A B1 B2 C1 C2 D 海外
14年 3  7  3  2       1
13年 4  5  4  2       1
12年 2  7  2  5
11年 2  4  0  8  1 3
10年 1  8  1  5  1 0
09年 2  4  3  6       1

以前のように下級の馬が登録をしてきておらず、
レベルは高いところで拮抗。
絶対王者的な馬がいないことで、中央重賞勝ちを分け合うことが増え
B1クラス(中央重賞勝ち馬)の頭数が増加している印象です。

今回の場合、A~Bクラスの馬で過半数どころか13頭と
まったく絞れなくなっているわけで(爆)格の面でも大混戦。

それぞれのレースの内容の評価で取捨を考え直す必要がありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。