けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC(各馬分析1)   担【けん♂】

JC(東京2400m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アンコイルド】牡5 57.0 (栗東) Giant’s Causeway×(Alzao)
昨夏の北海道で連続好走、天皇賞秋でも4着と健闘しましたが
JCでは8着に敗れています。年明けの京都記念でも3着と頑張りましたが
香港遠征を挟んで調子を崩してしまったのか、この夏は3連続
二桁着順(ダートを含む)と大きく成績を悪化させてしまっています。
気性に不安がある血統だけに、これだけ崩れてしまうと立ち直りは
難しいかもしれません。重賞での好走も内を抜ける好騎乗に助けられたものが多く
単純な力関係ではここではかなり不足感。

イスラボニータ】牡3 55.0 (美浦) フジキセキ×(Cozzene)
天皇賞秋では最後にジェンティルドンナに競り負けて、スピルバーグの強襲に
屈して3着に敗れましたが、世代最強馬の一角としての力は十分に見せた印象。
前につけて伸び脚が使えるので極端な展開に巻き込まれない限り、
安定して力を発揮出来そうです。距離延長に関してもダービーで2着があるので
問題はなさそう。それほど馬格がないので55kgで出られるのもプラス材料に
なりそうです。

エピファネイア】牡4 57.0 (栗東) シンボリクリスエス×(スペシャルウィーク)
香港遠征から休養を挟んで復帰した天皇賞秋では中段から伸び切れず6着。
馬体重は増やせており、叩いての良化には期待出来そうです。
前走前にも触れましたが関西では(5-0-1-0)と素晴らしい成績ながら
遠征競馬では(0-2-0-3)と勝ち星がなく、少なくとも割引が必要だと
考えられます。ダービー2着があるだけに適性には問題なさそうですが
古馬相手では大阪杯3着が最高となると・・・

サトノシュレン】牡6 57.0 (栗東) ステイゴールド×(エルハーブ)
前走のOPでは逃げてスローからのロングスパート勝負に持ち込み
2着と健闘しましたが、展開と直線が短いコースがかなり上手く
ハマった印象で単純な力関係では上位馬とは大きく差があると思われます。
これまで重賞でもまったく歯が立っていないだけにGⅠでどうこう
出来ると考える方が無理・・・。※現状では除外予定

ジェンティルドンナ】牝5 55.0 (栗東) ディープインパクト×( Bertolini)
12年、13年とJCを連覇。まったく違った展開の中でしっかりと
勝ち切ったことは高く評価出来るところです。昨年同様、天皇賞秋では
差し馬の急襲にあって2着に敗れてしまいましたが、休養明けという
ことを考えれば十分な内容。叩いての良化には期待出来そうです。
昨年はメンバー低調な中、少し危ういところを見せましたが
出来自体も微妙だったわけで、今年も馬体の状態には注目したいところ。
前人未到のJC3連覇なるか・・・?!

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。