けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯(各馬分析3)   担【けん♂】

エリザベス女王杯(京都2200m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ブランネージュ】牝3 54.0 (栗東) シンボリクリスエス×(フレンチデピュティ)
実質的には君子蘭賞(500万下)を勝っただけですが、オークス5着、
秋華賞4着と上位馬との対戦でも安定して好走しています。
好位、中段からの脚質ですが、いい脚を維持す出来るものの、
最後の決め手に欠ける感じ。距離はこなせると思いますが
マイル以下の成績の方が安定しているだけに、古馬の上位馬相手に
上昇を期待するのは難しそうです。

ホエールキャプチャ】牝6 56.0 (美浦) クロフネ×(サンデーサイレンス)
年明けには東京新聞杯を制し、この秋も札幌記念で3着、府中牝馬Sでも3着と
衰えのないところを示していますが、エリザベス女王杯では4着、10着、6着と
過去に結果を出せておらず、年齢を重ねての上昇に期待するのは難しそうです。
ある程度位置取りに自在性がある馬ですが、この舞台なら積極的に前で
競馬をして貰いたいところ。能力的にはトップクラスだけに上手く
流れに乗れたら・・・という怖さはありそうです。

メイショウマンボ】牝4 56.0 (栗東) スズカマンボ ×(グラスワンダー)
昨年のエリザベス女王杯では重馬場の中、上手く外に出して完勝。
走法的には京都外回りがベストだと考えられます。
前走の復帰戦は+16kgと完全に太目残り。ここに向けて
きっちりと絞り込めてくれば本来の能力ならば連覇があっても不思議はなさそうです。
さらにプラス体重は論外なので、出来に注目。

ラキシス】牝4 56.0 (栗東) ディープインパクト×(Storm Cat)
連勝で1000万下を制して臨んだ昨年のこのレースで2着と大健闘。
年明けの京都記念でも牡馬相手に4着とコース適性の高さと実力を示しており
この秋の復帰戦となったオールカマーでも2着と好走。
もう少し馬体に余裕が欲しかった感もありますが、順調に来ているだけに
得意の舞台で連続好走のチャンスは十分にありそう。
好位から流れに乗れるので、前優勢の展開になれば大仕事も。

レッドリヴェール】牝3 54.0 (栗東) ステイゴールド×(Dixieland Band)
3連勝で阪神JFを制し、桜花賞でも2着。世代最上位クラスの能力を
示していましたが、ダービー挑戦とともに福永騎手に乗り替わってから
12着、6着、6着とガックリと成績を落としてしまっています。
血統的には充実してくる時期だけに、復活に期待したいものですが
本質的には内回り向きの血統だけに、ここで上昇があるかは疑問。
極端に馬格がないので、少しでも斤量が軽くなるのはプラス材料に
なりそうですが、急な良化は・・・

ヴィルシーナ】牝5 56.0 (栗東) ディープインパクト×(Machiavellian)
12年のエリザベス女王杯で2着と健闘しましたが、昨年は控える競馬で
10着と大敗。この春にヴィクトリアマイルで連覇を達成し復活、
宝塚記念でも3着と衰えのないところを示しています。
本来の先行力を取り戻してきている点は大きなプラス材料ですが
休養明けに強い馬ではないだけに、ぶっつけ本番になるのは不安材料。
馬格が微妙に足りず、56kgでは前走の3着があるだけなのも
気になります。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年11月12日(Wed)14:41 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エリザベス女王杯2014の考察予想・京都遠征が課題・ヌーヴォレコルト

[前走の内容]  G1秋華賞・京都内回りコース2000・天候晴れ・馬場状態良・時計
[続きを読む]

競馬予想ってプラスじゃなきゃ意味無いじゃん☆ | 2014年11月12日(Wed) 10:50


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。