けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞秋(斤量負担分析)   担【けん♂】

天皇賞秋(東京2000m)についてもう少し見ておきたいと思います。

実質斤量負担
天皇賞秋斤量負担

かなり極端に馬格のあるタイプが優勢な傾向が出ています。
480kg以上、もしくはさらに500kgを超えるタイプが有力。
(牝馬は460kg以上)

460~480kgのゾーンはヒモ候補まで、460kgを
切るようだと余程の歴史的な馬じゃないと厳しい、と考えられます。

実質斤量負担では好走の上限は12.0%まで。
勝ち馬に関しては11.5%以下の馬を狙いたいところ。


かなり馬格がないマーティンボロは斤量が増えて
13.0%と完全に危険ゾーン突入。
斤量に強いタイプだとは思いますが、さすがに厳しいと
考えた方が良さそうです。

デニムアンドルビーは牝馬なので一つ下の斤量ゾーンだとしても
12.8%はかなり厳しく、この馬自身、56kgを背負っての
勝ち星はないだけに大きく割り引き。
ラブイズブーシェも馬格不足で負担増が影響しそうです。

11.5%を切る馬は・・・ちょっと人気薄が多いので
このゾーンから勝ち馬が出るようだと意外に配当が高くなるかも。
(欲ボケですが^^;)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。