けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞秋(各馬分析2)  担【けん♂】

天皇賞秋(東京2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

スピルバーグ】牡5 58.0 (美浦) ディープインパクト×(Lycius)
12年のダービーで14着に敗れてから長期休養。
昨秋の復帰戦こそ6着に敗れたものの、秋、春にかけて3連勝を達成。
前走の毎日王冠では馬体を増やして3着に食い込む健闘を見せました。
見た目にも少し余裕が感じらただけに、叩いての良化には期待出来そうです。
速いペースだと位置取りが後方になりがちなので、距離延長は
プラス材料。積極的に位置を取っていければチャンスがあるかも。

ダークシャドウ】牡7 58.0 (美浦) ダンスインザダーク×(Private Account)
エプソムC3着、函館記念2着と存在感を示しましたが
前走の毎日王冠では中段から失速して12着と大敗。
元々あまり速いペースは合わないタイプなので、距離延長はプラス材料。
天皇賞秋では11年に2着、12年は4着と好走していますが
年齢を重ねて上昇しているわけではないので、ここでは・・・

ディサイファ】牡5 58.0 (美浦) ディープインパクト×(Dubai Millennium)
エプソムCで重賞初制覇、同条件の毎日王冠ではペースがグッと
上がったのに対応して好位からの競馬で勝ち馬からクビ、クビ、ハナと
僅かに及ばず4着。少し余裕のある状態でここまで出来れば
上出来だと見て良さそうです。斤量が2kg増えて、相手関係強化、
どこまでやれるかは微妙ながら距離延長で自分の競馬が出来れば
大仕事のチャンスもあるかも。

デニムアンドルビー】牝4 56.0 (栗東) ディープインパクト×(キングカメハメハ)
昨年のJCで2着に飛び込む健闘を見せましたが、ドバイでは10着に敗れ
帰国初戦のヴィクトリアマイルでも後方から伸びたものの7着。
宝塚記念では一転、好位からの競馬を試しましたが5着に敗れています。
基本的には後方からの脚質で、東京では良績があるものの
前が止まる末脚勝負にならないと厳しい印象。
小柄な馬なので休養明けに輸送競馬になるのもマイナス材料になりそうですし
54kgまでしかこなせていないので、56kgは厳しい負担になりそうです。

トーセンジョーダン】牡8 58.0 (栗東) ジャングルポケット×(ノーザンテースト)
11年の天皇賞秋を制覇。12年は13着、13年は11着と
結果が出せていませんが、JCでは3着と力のあるところを見せており、
年齢を重ねても侮れないことを証明しました。
休養明けが良い馬ではないので、宝塚記念以来、というのは
マイナス材料。締まったペースへの対応力も落ちているので
末脚勝負になってしまうと分が悪くなってしまいそうです。

ヒットザターゲット】牡6 58.0 (栗東) キングカメハメハ×(タマモクロス)
昨年の天皇賞秋では後方から脚を伸ばしましたが7着まで。
ゆったり流れれば前につけることも出来る馬ですが、
持ち味を活かすには後方から・・・。宝塚記念でも4着に食い込んでおり
侮れないものはありますが、勝ち味が遅いので余程前が崩れないと
上位馬相手では厳しそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。