けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞(前哨戦評価)   担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走馬の前哨戦について映像を観ながら
簡単に見直してみたいと思います。

★セントライト記念

イスラボニータの強さが際立ち過ぎていますが(爆)
早めに先頭に立ったトゥザワールドはクビの使い方が
微妙な分、手脚の伸びがイマイチ。
タガノグランパは低い姿勢から全身を使う走りですが
推進力は見た目ほどでは・・・
マイネルフロストは正攻法の脚比べでは見折ります。
ショウナンラグーン、ワールドインパクトは後方から
コーナーでも立ち遅れ気味。ためて伸ばすタイプなら
京都でも不安あり。

★神戸新聞杯

どちらかというと仕掛け遅れ気味になりがちな
ワンアンドオンリーがあえて捲り上げる形で直線へ。
一緒に仕掛けたサトノアラジンは振り落されて脱落。
長く脚を使う展開に不安がありそうです。
ヨレて外に膨らんだところから凄い手応えで追いかけた
サウンズオブアースは体を大きく見せる力強い走り。
クビが上手く使えており、急坂のあるコース向き。
それでも抜かせなかったワンアンドオンリーは手先で
上手く地面を掴んでおり、勝負根性も抜群。
前をカットされた形になったトーホウジャッカルは
スムーズならば、という内容。エンジンの掛かりが
少し遅い感じなので京都はプラスになりそう。

★京都新聞杯

前が飛ばす展開になりましたが、直線手前で密集。
外に膨らんだサウンズオブアースが改めて加速して
前をとらえて突き抜ける手応えでしたが
回転の速い脚で
ハギノハイブリッドが迫ってかわしてゴールイン。
コーナーで動けない不器用さがあり、馬群を割れるような
力強さもありませんが、広いコースで真っ直ぐ走る能力は
かなり高いモノがありそう。
前が流れる展開になると厳しそうですが・・・

★阿寒湖特別

スタート良く前につけたところが一旦下げたシャンパーニュは
コーナー手前で少し遅れ気味になるところを押して押して進出。
内に体を預けるようにカーブを曲がるとスムーズに先頭に
立ちますが、内からの馬に最後に詰められて並んで
ゴールイン。なんとかしのいだものの、詰めの甘さが
感じられます。なんというか・・・鈍いタイプなのかも。

★支笏湖特別

2番手をガッチリキープして追走したゴールデンアクターは
スムーズにまくる形で先頭に立ってそのまま押し切り勝ち。
クビを上手く使った推進力のある走りは好感がもてますが
競り落としたテイエムダイパワーとの着差を考えると
シャンパーニュとどっこいどっこい?

★九州スポーツ杯

3番手の外を追走したサトノアラジンは見た目にも
馬体の大きさが目に付きます。
直線で捲り上げて先頭に立つと地面を強く叩くような
弾む感じの走りで一気に突き抜けて圧勝。
瞬間的な加速力が高く平坦コースでこそ、というタイプ。
京都コースは合うと思いますが、後方から長く脚を
使うような形になってしまうと持ち味が活かせないかも。

★芦ノ湖特別

好位の外から上がって行ったヴォルシェーブは
直線に入って馬場中央から力強く抜けて完勝。
低い姿勢をたもって徐々に加速していく感じで
一定のリズムを長く刻めそう。
レースレベルに疑問があるので微妙ですが
京都でも力は出せそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。