けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞回顧   担【けん♂】

好天に恵まれた京都競馬場で秋華賞が行われました。

春の時点での3強の内、ハープスターは凱旋門賞に向かったために不在。
レッドリヴェールはダービーの敗戦を引きずっているのかローズSでも
結果を出せず、一角が崩れた感じ。
ヌーヴォレコルトは順調にローズSを勝って、栗東滞在と万全の態勢で
本番を迎えたわけですが、環境の変化の影響は気になるところです。

伏兵を探したいところですが、今年は一段下のクラスの馬が不在。
悪い意味での大混戦となっており、どこを切り口に狙うか非常に
悩ましい状況。

実績か、騎手か、血統か・・・それとも?

予想は→ココ

結果は・・・

1着 ショウナンパンドラ   1.57.0  上がり34.3
2着◎ヌーヴォレコルト      クビ
3着 タガノエトワール

6着〇レッドリヴェール
9着×ディルガ
12×アドマイヤビジン

※全着順は→ココ

個人的なことですが・・・06年からずっと続いていた本命馬の勝利が
ここでとうとう途切れてしまいました(>_<)
ダントツ人気の馬に印を打ちつつも不安点も気になっていただけに
足元を掬える馬を探すべきだったかと猛省です。

先手を取って行ったのはペイシャフェリス。
思い切って被せて強引に行ったことで、気持ちの面でも逸ってしまったのか
後続を引っ張ってかなり縦長の展開を作ってしまいました。

2番手につけたリラヴァティは少し離され、ハピネスダンサー、
バウンスシャッセとともに先行集団を形成。

好位にレーヴデトワール、マーブルカテドラル、マイネグレヴィル、
ブランネージュ。

かなり離れて、ショウナンパンドラが続き、タガノエトワール、
ヌーヴォレコルト、ディルガ。
それを見ながらレッドリヴェール、サングレアルが後方に控え、
オメガハートロック、外を上がってアドマイヤビジン、最後方にセウアズール。

12.0-10.7-11.8-11.8-11.7-12.2-11.5-11.7-11.8-11.8
前半1000m 58.0
後半1000m 59.0

秋華賞のペースは年によってかなりまちまちで、前半を62秒なんていう
こともあったりするわけですが、今年は09年に並んで最速ペースで
前半を通過
。前、後ろに馬群が分かれる形になっていましたが、
前の集団にとってはかなり厳しいペースになったと考えられます。

イケイケのペースのまま、上り坂も緩めず、頂点部分でペースダウンしたものの、
息を僅かにいれた程度。
下りに入ったところで一気に急加速してロングスパート・・・

ペイシャフェリスの川島騎手は行くだけ行ってみよう!
という感じの騎乗っぷり(爆)

ハイペースに巻き込まれた先行集団の脚は鈍り、4コーナーまでに
馬群は密集し、直線へ。

内を通って脚をためていたヌーヴォレコルトの岩田騎手はコーナーで
外に出すことを選択、結局これが大きな分かれ目になってしまいました。

外の馬を先に行かせる形になったので、コーナーリングで
かなり大きなロスをしてしまい、隙間を見つけて外に出してみたら
膨らんでさらにロス。

それでも馬群の外をグイグイと伸びて行ったのはさすがはGⅠ馬、
というところでしたが、内を抜けてロスのない競馬をした
ショウナンパンドラに追いつけず、まさかの敗戦・・・。

紫苑S(不良)で2着に入り、出走権を手に入れたショウナンパンドラですが
その前は500万下を勝ったばかりの馬。
春にはフラワーC、スイートピーSと連続5着と上位馬とは差が感じられましたが
なんといきなりGⅠ馬になってしまいました・・・。
(失礼な言い方かもしれませんが、GⅠ馬が500万下の馬に負ける、というのは
正直・・・驚くのを通りこして残念に思えてしまいます)

3着には先に抜けて頑張ったタガノエトワール。
ローズS2着はフロックではなかったことを証明しました。

レース後のコメント
1着 ショウナンパンドラ(浜中騎手)
最後は外からヌーヴォレコルトが来ているのが見えたので、何とかと思いながら
追っていました。スタートもスムースで理想的なポジションでしたし、
内をロスなく立ち回れました。元々期待されていた馬が、夏を越して
パワーアップしていましたし、調教から強くなっていると感じていました。
GI馬になれましたし、これからもっと活躍してくれると思います


(高野友和調教師)
最高の結果を出すことが出来、皆さんに感謝します。春シーズンの後半、
カイ食いが良くなってきたところで夏を休ませ、グッと身が入ってきました。
前走後は、幸い疲れもすぐ抜け、調整がしやすかったです。
この秋は一つも不安なく来られました。レースではスタートも良く、
ハイペースの中でいい位置取り、これで負けたら仕方ないと向正面で思いました。
直線では後ろからオークス馬も来ていて、ゴールするまでヒヤヒヤで、
ゴールしてからも確信が持てないほどでした。表彰式でオーナーが喜んでくれたのを見て、
いい仕事が出来たと思いました。このまま無事に行ってくれたら、これからが楽しみです


2着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
展開的には、前が速くなって乗りやすかったです。ただ、最後は内と外の差が出たのか...。
チャンスをものに出来ず申し訳ないです


(斎藤誠調教師)
道中はいい感じだと思いましたが、勝った馬は空いた内へすんなり行っていましたし、
3~4コーナーで外へ出した分の差かなという気がします。プラス10キロも問題なく、
馬は良かったです。これが競馬なのかなとも思いますし、今日は運が
味方してくれませんでした。この後は火曜日に(一緒に栗東に来ていたこの馬の2歳の)
妹と一緒に美浦へ戻して、次は様子を見て決めたいと思います


3着 タガノエトワール(小牧騎手)
悔しいです。勝った馬は内にいてこの馬は外でしたが、もう少し後ろで構えていた方が
最後に伸びたかもしれません。絶好の位置でしたし、(自分の)気が早かったかも...。
前走はあれだけ辛抱していたから最後に脚を使っていた訳ですから
...」

4着 ブランネージュ(秋山騎手)
道中は思い通りでしたが、4コーナーで一瞬ゴチャついた分でしょうか。
着差を考えると悔しいです


5着 サングレアル(戸崎騎手)
返し馬からいい感じでしたし、終いもいい脚を使っていました。これからも楽しみです

6着 レッドリヴェール(福永騎手)
少し立ち遅れましたが、速い流れの中で1、2着馬を見ながら運びました。
直線もいい感じで外に出したのですが、追い出してから離されてしまいました


7着 バウンスシャッセ(北村宏騎手)
好スタートからスムースに流れに乗って、折り合いも良く、集中して走れていました。
これならと思ったのですが...。馬は一生懸命頑張ってくれました


9着 ディルガ(武豊騎手)
まったくロスのない競馬でした。力は出せたと思います

10着 セウアズール(北村友騎手)
大外枠で前に壁を作れず、テンに余計に力んでしまいました。それでも根性のある馬で、
最後までよく伸びてくれました


過去の秋華賞からの申し送りと照らし合わせてみると・・・

騎手の面ではリピーターの岩田騎手が2着に入線。
これまで秋華賞では結果が出せていなかった浜中騎手が勝ち、
小牧騎手も複勝圏に入る踏ん張りを見せました。
結果的に初の好走、とはなりましたが、関西の有力騎手という意味で
コース慣れしている点は大きかったかと。

関西初輸送、及びぶっつけ本番の馬はアウト。

地脚の強さに関しては今回は検証していませんでしたが
33秒台の速い脚もつけるし、上がりが掛かる展開でも
強さを見せていた馬が上位に入っています。
この辺りはもう少し煮詰めて考えても良かったかもしれません。

前哨戦で結果を出している馬が上位を独占。
牝馬は調子が重要ですね。
レッドリヴェールは残念ながら復活ならず・・・。

夏の上がり馬の条件は今回、大きく書き換えられる形になりましたが
・・・あえて世代差による例外、としておきたいと思います。
基本的には春の実績馬が強く、上がり馬は1000万下を圧勝レベル、
という形で考えておくべきかと。

今年は平均馬体重自体が軽かったこともあって、
上位を440kg台の馬が独占。
超極端に小柄な馬はやはり×でしたが、馬格がある方が優勢、
とはならなかったので、この点は持ち越し。

血統面ではディープインパクト産駒、ハーツクライ産駒、
キングカメハメハ産駒、と京都で期待出来る血統がそのまま上位を独占。
上位2頭の母系はノーザンダンサー系、という点も例年通り。

あとは・・・上位3頭は全て社台生産馬、という点も一応
押さえておきたいところ。
昨年は社台グループが全体的に地盤沈下を起こしてしまいましたが
今年はまさに復権。来年はハービンジャー産駒次第ですが
社台グループの活躍ぶりもチェックしておきたいですね。

騎手、という切り口で予想をまとめましたが
終わってみれば・・・「調子(近走の成績)」が一番のポイントでした。

牝馬は「格より調子」・・・というのはわかりますが
それにしても、格の違いがどこにあるのか、と不安になる
レースになってしまった感じ。
今後の古馬との対戦でどうなるのか、注目したいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アドマイヤビジンは話にならんかったけど、パンドラが来てくれたから助かったw
菊花賞もショウナンつづきでラグーンに期待!!

らむー | URL | 2014年10月19日(Sun)21:46 [EDIT]


 けんさん

 こんばんは、いつもお疲れ様です。
最近は仕事が忙しくて、なかなか競馬の考察時間が
取れなくて(泣)けんさんがホントすごいと思います!

騎手との相性がいまいちだと感じながら、リヴェール本命
対抗レコルトでした。レース見ていて「そのまま一か八か内
つけ!」て叫んでたんですが、福永Jがそんなこと
する訳ないんですよね~意味不明な乗り替わりで
馬のリズムが崩れたと思うのは?私だけでしょうか?

そしてパンドラのお母さんてステイの半妹だったんですね?
見逃してました…すいません、また愚痴でした。

来週は当てましょう(笑)

マロン | URL | 2014年10月19日(Sun)22:58 [EDIT]


ヌーヴォ、最終コーナーで馬体ぶつけられた影響もあったのかな~と思いました。ゴール前も差が縮まってきていたので、エリ女なら本領発揮かなと・・・今年か来年かはわかりませんが。

パンドラ、今回は浜中騎手が上手く乗りすぎたし、次走でも同じように出来るのか?疑問はありますが・・・実は京都コース、上手かったりするのかな?

アポロン | URL | 2014年10月19日(Sun)23:38 [EDIT]


けんさんお疲れ様ですm(._.)m
秋華賞は見にしました(笑)(°▽°)

本命視してたレッド来なかったので良しとします~(;´д`)

菊花賞も見にしようかな・・・
今週も頑張りましょう!m(._.)m

ストイック | URL | 2014年10月20日(Mon)06:07 [EDIT]


>らむーさん
ひとまず的中おめでとうございます♪
菊花賞!なかなか気が早い予想ですが
勝負の流れ、みたいなものもあるかもですね~

けん♂ | URL | 2014年10月20日(Mon)13:03 [EDIT]


>マロンさん
いやーまったくおっしゃるとおりで、乗り替わりが
大きく影響したとしか考えられない体たらく。
陣営も困惑していると思います。

ステイゴールドの半妹!それは気づきませんでした。
母系の素質が開花!今後が楽しみです。

けん♂ | URL | 2014年10月20日(Mon)13:03 [EDIT]


>アポロンさん
まともに勝負していたらおっしゃるとおり
ヌーヴォレコルトの圧勝だったかと思います。

浜中騎手は名実ともにトップ騎手になってきましたね。
京都2000mも苦手とは言っていられない立場、
今後も要注意です。

けん♂ | URL | 2014年10月20日(Mon)13:03 [EDIT]


>ストイックさん
こういうレースは見が正解だったかも。
実績馬は信用できず、下位の馬は・・・明らかに
不安な部分が多過ぎて…(爆)

菊花賞が「買える」レースであることを
祈りましょう(^^)/

けん♂ | URL | 2014年10月20日(Mon)13:04 [EDIT]


けんさん、こんにちは♪

北村宏騎手@バウンスシャッセは、仰る通りあのハイペースで四角先頭を伺うような騎乗は流石に無茶でした(苦笑)

ただ瞬発力勝負では分が悪く、硬質なレースに向いたキャラだと思いますんで、行き過ぎたとはいえ納得の出来る乗り方ですし寧ろ清々しい思い…Death(爆)


今週も穴馬探し…というか正解目指して頑張りましょー(力こぶ

ぷりずま | URL | 2014年10月20日(Mon)15:08 [EDIT]


>ぷりずまさん
おっしゃるとおり、勝機はそこしかない
タイプですもんね。
変に控えたらそれこそ批判が出たと思います。

展開に合わせられる自在型と自分の形が
重要で、そこに持ち込めば強いタイプ。
馬も色々ですよね~(^^)g
また合うレースで狙ってみたいと思います。

けん♂ | URL | 2014年10月21日(Tue)06:51 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。