けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞(騎手データ分析)   担【けん♂】

過去の秋華賞(京都2000m)で上位に入線した騎手を一覧にしてみました。

秋華賞:上位入線騎手】
秋華賞騎手1
※黒抜きは引退騎手

空色で示した騎手は2回以上、秋華賞で入線(5着以内)している騎手。
すでに引退している安藤勝、本田、松永、佐藤哲といった騎手も複数回入線しており、
それを含めると騎手の面でもリピーターが結果を出しているレースであることが
はっきりとわかります。

京都2000mはかなり難しいコースらしく、騎手の間でも
1番人気では乗りたくない、という声もあるそうです。

少なくとも慣れが必要。
騎乗機会が少ない関東の騎手は特に割引きが必要になると思われます。

今回の秋華賞に騎乗する騎手の秋華賞での実績を見てみました。

秋華賞実績
秋華賞騎手2

ひとまず、秋華賞に初騎乗となるのは勝浦、ベリー、の2騎手。

勝浦騎手はそもそも京都2000mでは一度しか騎乗がなく
ベリー騎手も2鞍だけ。

馬の力もあるので一概には言えませんが、少なくとも
鞍上がプラスに働く事は考えにくいかと。

近年、騎乗機会7で3勝している岩田騎手、それ以前に3勝、2着1回、3着1回と
好成績をおさめている武豊騎手がこの条件では筆頭候補。

騎乗回数では最多となる福永騎手は未だに勝ち切れていないのが難点。

あとは安定している四位騎手も評価出来ます。

騎乗回数が多い割に結果が出ていないのは・・・秋山、浜中、小牧、川田騎手。
秋山騎手は11回、浜中騎手は6回乗って掲示板もない、
というのは厳しいですね。騎乗馬の質もあるとは思いますが
得意な条件ではなさそうです。

川田騎手も4着1回、小牧騎手は5着が1回という成績では少々心許ない印象です。

今年は鞍上の面でもこのレースへの経験値が足りない騎手が多く
腕の差が出てしまうか、それとも混戦とみるか・・・(>_<)

馬の実績と騎手の能力のバランスで言えば

・ヌーヴォレコルト(岩田)
・レッドリヴェール(福永)


この2頭が有力視出来そう。
レッドリヴェールが勝てば前走のリベンジだけでなく、
福永騎手としても初勝利となります。

・ディルガ(武豊)
・アドマイヤビジン(四位)


この辺りは馬の実力に騎手がどこまでプラスアルファ出来るか、
という感じになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。