けいけん豊富な毎日

秋華賞(各馬分析3)   担【けん♂】

秋華賞(京都2000m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ペイシャフェリス】牝3 55.0 (美浦) スペシャルウィーク×(Cape Cross)
スローペースに持ち込んでアネモネSを逃げ切り勝ちしましたが
桜花賞では好位から失速し11着、オークスでは果敢に逃げたものの
17着に沈んでしまいました。先行力を活かしやすい舞台はプラス材料ですが
休養明けぶっつけ本番で関西輸送、というのはかなり厳しい条件。
春の輸送では▲10kgと馬体を落としていた点も気になります。

マイネグレヴィル】牝3 55.0 (美浦) ブライアンズタイム×(スペシャルウィーク)
フラワーC2着のあとフローラSでは逃げて8着に沈み、オークス本番でも
前につけて9着に敗れています。復帰戦の紫苑Sでは逃げて3着に
粘りましたが、不良馬場の影響もあり、評価は微妙。
関西への初輸送も課題ですが、馬体は成長させてきているので
なんとか維持出来れば力は出せそう。

マーブルカテドラル】牝3 55.0 (美浦) ダイワメジャー×(エリシオ)
芙蓉S、アルテミスSと連勝しましたが、春は桜花賞7着、
オークス6着と上位馬には完敗。復帰戦のクイーンSで少し馬体を
戻してきましたが、後方から9着と微妙な成績。
叩いた上積みはあるにしろ、逆転までは疑問。
血統的に距離延長もプラスとはならない印象。

リラヴァティ】牝3 55.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Singspiel)
先行力を活かしてフェアリーS、チューリップ賞と連続3着。
中段前からになった桜花賞では9着に敗れましたが、夏の復帰戦で
馬体を充実させて成長を見せ、前走のローズSでは逃げて3着に
残りました。脚質的には内回りになる今回の方が合いそうですが
血統的には広いコース向き。同型の馬もおり、自分の競馬が出来るかが
大きなポイントになりそう。

レッドリヴェール】牝3 55.0 (栗東) ステイゴールド×(Dixieland Band)
阪神JFを制し、桜花賞では2着と世代トップクラスの実力を
示していましたが、ダービーに挑戦して12着に敗れてしまい、
復帰戦のローズSでも6着と振るいませんでした。
乗り替わりが合わなかった可能性もありますが、前走では
持ち前の闘争心が感じられなかったのが気になるところ。
精神的に切れてしまっているようだと回復に時間がかかってしまうかも。
内回りコースは血統的には合いますし、この時期から
充実して本格化する傾向があるので、復活に期待したいところ。

レーヴデトワール】牝3 55.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Highest Honor)
白菊賞を勝ち、阪神JFに臨んだものの9着。
桜花賞で5着に入り、良血らしい能力は見せたものの
なかなか勝ち切れず、前走の紫苑Sで久々の勝利を挙げました。
輸送競馬で▲10kgと馬体を落としてしまったことで
本番に向けての調整状況は気になるところ。
このところは好位につけての競馬が出来ており、
春とは違った姿を見せられるか・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック