けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋華賞(各馬分析1)   担【けん♂】

秋華賞(京都2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。
まずは出走権のある16頭から。
※抽選(2/5頭)対象の馬については出走馬が決まってから見る予定。

アドマイヤビジン】牝3 55.0 (栗東) クロフネ×(ゴールドヘイロー)
復帰戦のローズSでは+28kgと大幅に馬体を増やしてきましたが
前につけて失速、14着に敗れてしまいました。
休養前が▲10kgだったので、ひと叩きして絞れたら成長分が
活きてきそうです。好位からの脚質で京都内回りでは紅梅Sを勝っており、
コース適性には問題なし。あとは距離と仕上がり・・・ですが
春は上位馬に完敗しているので逆転までは微妙。

オメガハートロック】牝3 55.0 (美浦) ネオユニヴァース×(エルコンドルパサー)
デビューから連勝でフェアリーSを制覇、活躍が期待されましたが
骨折により長期休養。今回はぶっつけ本番、関西への初輸送と
悪条件が重なっており、コース適性、距離適性に問題はないと思いますが、
狙うのは非常に難しい状況だと思われます。

サングレアル】牝3 55.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Caerleon)
ただでさえ馬格が極端にない馬ですが、春はさらに馬体を落としてしまい、
復帰戦のローズSでは+6kgと少しだけ戻して9着。
フローラSで見せた末脚は良血の片鱗というべきものでしたが
安定して使えるわけではない感じで、脚質的にもこの舞台が
合う感じではなさそう。

ショウナンパンドラ】牝3 55.0 (栗東) ディープインパクト×(フレンチデピュティ)
春はフラワーS5着、スイートピーS5着と振るわず、
夏場を使って重馬場の新潟で500万下を突破、
紫苑Sでは後方から好位に押し上げて2着に入線しましたが
実質的にはかなり格不足。湿った馬場への適性は高いので
週末に天気が崩れるようなら・・・

タガノエトワール】牝3 55.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
春は芝ダートと2戦して結果が出せませんでしたが、休養を挟んで
距離を延ばして未勝利戦を突破、鞍上の川田騎手の評価も高かったようで
人気薄だったローズSでも中段から伸びて2着と穴を開けました。
上がりが掛かる展開でも、速い上がりを使える馬場でも結果を出せたのは
好材料。機動力もあるので、あとは騎手次第でここでも侮れないかも。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。