けいけん豊富な毎日

秋華賞(末脚分析)  担【けん♂】

京都の月曜開催が台風の影響で火曜にズレ込んだため、
出走各馬のデータがまだ出ないので、とりあえず先に外堀埋めから。

過去の秋華賞(京都2000m)上位馬の上がり3ハロンを一覧にしてみました。

秋華賞:上がり3ハロン】
秋華賞末脚

内回り、ということもありますが開幕2週目の京都にしては
33秒台の末脚を使っている馬が極端に少ないのが目を引きます。

00年、07年、12年に共通しているのは、道中に13秒台の
ラップが出現する超スローペースだった、という点。
ティコティコタックはまだしも、ダイワスカーレット(それにウオッカ)、
ジェンティルドンナなんかはそうじゃなくても33秒台に突入する
脚が使えたかもしれませんが(爆)秋華賞にしては珍しい
緩んだペースになった場合は上がりが速くなる、と言えそうです。

締まったペースの中で33秒台の末脚を使ったのは・・・
04年のスイープトウショウ、ただ1頭だけ。
過去18回の秋華賞の中でも4コーナーで10番手以降から
差し切って勝ったのは、この馬だけ
(4コーナー16番手\(◎o◎)/!)
となっており、怪物ぶりは際立っています。
ロングスパートで前の馬がバテた、という影響はあったにしろ
ここまで極端な馬は例外的な扱いで良さそうかと(^^;

申し送りで「33秒台の末脚を使った経験は重要」
という項目がありましたが、昨年訂正していたことを忘れてました(T_T)スイマセン

秋華賞では極端なスローペースにならない限り、基本的には
キレ味よりも地脚の強さが重要

過去の上位馬のそれまでの実績をチェックしてみると、
上がりが掛かる展開(34秒台以上の末脚)で、速い方から3番目以内の
末脚を使った経験
がありました。
※例外は08年3着のプロヴィナージュ。
 ダートを中心に使われており、芝では一走しかしていませんでした。

さらに勝ち馬に関しては3番目以内の速い上がりを使ったレースが
全出走回数の50%以上を占めている
、という共通点があります。


※もちろん、今年も極端なスローペースになる可能性はあるわけで
 その場合は33秒台の末脚を使った経験の有無が重要になると考えられます。
 展開(先行馬)を考えた上で改めて考察してみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック