けいけん豊富な毎日

チューリップ賞各馬分析2(考察②) 担【けん♂】

チューリップ賞(阪神1600m)出走予定馬のうち抽選対象の馬について
各馬分析に入りたいと思います。木曜日には出走馬が決まるので
それからにしようかとも思ったんですが(^^;
重複登録もあって再利用?出来そうなので・・(笑)

各馬分析1は→ココ 出走権を持っている馬について

アロープラネット】(栗東) ブライアンズタイム×(ラストタイクーン)
新馬戦(小倉1200)稍重
勝ち時計1.09.5 上がり35.0
12.1-10.4-11.4-11.6-12.1-11.9

母は桜花賞馬アローキャリー、初仔ですね。
ゆったりしたペースを2番手で追走、2番手に1秒差をつける最速の上がりで
突き放して圧勝しました。忙しい短距離戦よりはマイル戦のほうが合いそうな感じが
しますが、走ってみないことにはわかりません(^^;
稍重の影響で他馬の脚が鈍った感じもあるので末脚の評価も保留。
血統的にはマイルが限界、ダート向き・・早熟傾向?という感じもしますが・・
小倉1200mについては(ココ)を参照。
比較するとレースレベルが低いことがわかるので大きな期待はしにくいかと。

同日に行われたレースとの比較
4歳上500下         1.09.0 タイム差0.5
紫川特別(4歳上1000下) 1.08.9 タイム差0.6

ウォーターポピンズ】(栗東) Storm Cat×(Affirmed)
未勝利戦(京都ダート1200)
勝ち時計1.12.9 上がり37.6
12.7-11.0-11.6-12.1-12.5-13.0

4戦目にして勝ち上がり。ダートの1200mしか走っていません(^^;
ここ3戦は同コースで徐々に走破タイムを向上させており、良化傾向が
見て取れます。とはいえ血統的にダートの短距離向きという印象ですね。
前走は逃げ切り勝ちですがダートの先行馬は芝転向ではペースに戸惑って
力を発揮出来ない傾向になりがち・・ではないかと。

同日に行われたレースとの比較
4歳上500下 1.13.1 タイム差▲0.2

ウッドウインド】(栗東) ティンバーカントリー×(リアルシャダイ)
3歳500下(京都ダート1400)2着
走破時計1.26.1 上がり37.9
12.1-11.0-11.8-12.4-12.9-12.8-13.1

ダートの1400mで4戦。1-2-1-0と安定した成績を残しています。
先行しての粘りこみスタイルですがどのレースもレベル的には高くなく、
推せる材料はありません。

同日に行われたレースとの比較
4歳1000下1.24.7 タイム差1.4

エイワンキセキ】(美浦) フジキセキ×(コマンダーインチーフ)
未勝利戦(東京ダート1300)
勝ち時計1.20.3 上がり36.8
07.0-11.0-11.9-12.6-12.3-12.4-13.1

7戦目にして勝ち上がり。デビュー4戦目までは芝の短距離で走っていましたが
結果が出せずダートに転向しました。芝では先行脚質でしたがダート転向後は
追い込みに脚質転換、これがいい方向に出ている模様です。
デビューから一応4着以内を外さない堅実ぶりを見せていますが内容は
少々乏しい感じ。芝に戻って距離延長・・・厳しいと思います。

前日に行われたレースとの比較
4歳上1000下 1.18.3 タイム差2.0

エーシンサーフィン】(栗東) フレンチデピュティ×(キャロルハウス)
あすなろ賞(小倉2000)7着
走破時計2.03.8 上がり36.3
12.4-11.7-12.2-13.6-13.0-12.3-12.0-11.8-11.9-12.0

新馬戦は1200m、2走目でいきなり4ハロンの延長に挑みましたが
中途半端な成績に終わりました。そして今度は2ハロンの短縮・・・
大丈夫なんでしょうか?(^^;
スピード、キレ、スタミナどれにも突出したものを感じません。
マイル戦でいきなり変わり身があると期待するのは厳しいでしょう。

同日に行われたレースとの比較
4歳上500下 2.02.2 タイム差1.6 

エーシンパーティー】(美浦) Tale of the Cat×(Irish River)
カンナS(中山1200)6着
走破時計1.09.5 上がり35.7
11.7-10.4-11.0-11.6-11.8-12.5

レベルが高くないカンナSで通用せず、地方のダートに挑戦しましたが
まったく歯が立たず・・・4ヶ月の休み明けでとてつもない成長がなければ
どうにもならないと思われます・・。

前週に行われたレースとの比較
初風特別(3歳上1000下)1.08.2 タイム差1.3

カネトシリベルテ】(栗東) スペシャルウィーク×(Unbridled's Song)
つばき賞(京都2000)雨、良 3着
走破時計2.04.2 上がり36.2
12.8-11.2-12.3-12.5-13.1-13.3-12.8-12.2-11.8-12.0

つばき賞時の考察は→ココ
つばき賞の回顧記事は→ココ

つばき賞は雨で馬場が渋っている中を逃げて前残り。
スローペースに持ち込んだのが功を奏した感じです。
期待馬のダノンフローラより上位に来たとはいえ・・・力が上だとは
残念ながら思えません。マイル戦になってペースが上がれば先行できるかどうか?
少なくとも前残りを目指せるほど柔な面子ではないので・・。

同日に行われたレースとの比較
4歳上500下 2.02.2 タイム差2.0

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック