けいけん豊富な毎日

スプリンターズS(02年上位馬の馬体)  担【けん♂】

過去に一度だけ今回と同じく新潟で開催されたスプリンターズSにおいて
上位に入った馬の馬体写真を並べてみました。

まぁ・・・上位人気1~3番までで決着したレースなので
適性うんぬん、というよりは単純に力の違いという
感じもありますが・・・(4着は4馬身差^^;)

【ビリーヴ】
(02スプリンターズS) 1着
ビリーヴ02スプリンターズ

【アドマイヤコジーン】
(02スプリンターズS) 2着
アドマイヤコジーン02スプリンターズ

【ショウナンカンプ】
(02スプリンターズS) 3着
ショウナンカンプ02スプリンターズ

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

GⅠだけあって仕上がりの良さは言うまでもないところですが
特に前走からの良化が目立つ、という馬には注意。

クビ差しが非常に太く、上半身に力感がある馬体。
腕回りの筋肉が発達して厚みもありますが
深みがあって心肺機能の高さを感じます。

展開についてはバラつきが出るかもしれませんか
平坦コースでまったく緩まないまま
スピードを維持する形になりやすいと考えられ、
基本能力の高さが必要になりそう。

ビリーヴは北九州記念、セントウルSを含めて3連勝で
本番に臨み、4連勝を達成。
翌年には高松宮記念を制した名牝。

アドマイヤコジーンは骨折を乗り越えて、東京新聞杯、阪急杯と連勝。
高松宮記念で2着のあと安田記念を制しての参戦でした。
今回は産駒も参戦しているので馬体の類似点、相違点などにも注目。

ショウナンカンプは前走の函館SSで4着に敗れての参戦でしたが
その前には3連勝で高松宮記念を制した短距離王者。

どの馬も実績はまさに・・・キラボシの如し。

逆に言えば、それだけ高い能力がそのまま反映されやすい
レースになると考えられます。

下半身は丸みを帯びて、後肢はしっかりと引きつけられており、
突っ張ったような立ち方の馬は不在。
シルエットのバランスの良さにも注目したいところです。

クビを低く維持出来ており、クビを上げてお腹を
支えているような馬は論外。

実績、能力、出来、どれも揃った馬を狙いたいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック