けいけん豊富な毎日

スプリンターズS(展開分析)  担【けん♂】

さて今週はいよいと秋GⅠの初戦、スプリンターズSが行われるわけですが、
こちらも例年と違い、新潟開催となっています。

02年に一度だけ新潟で開催されたことがあるので、そのレースと
中山開催のスプリンターズSを比較しながら、おおよその傾向を
見ていく予定ですが、なんといっても新潟分は単年しかなく、
「ないよりマシ」という程度でしかありません。

上手く特徴を掴めるかどうか・・・悩ましいです。

あとは何と言っても凱旋門賞(ロンシャン2400m)!

ディープインパクト、オルフェーヴル(2回)のときにも
もしかして?!と気合が入りましたが、まさかこんなに早く
大チャンスが巡ってくるとは・・・。
出走してくるライバルたちについてはこれまでにもちょっとずつ
観てきてはいますが、改めて整理しつつレースを楽しみにしたいと思っています。
歴史的瞬間は訪れるのか・・・うーん、ドキドキしますね♪

まずはスプリンターズS(新潟1200m)について・・・

スプリンターズ新潟
※新潟1200m(内回り)のコース図と02年のスプリンターズSのラップ

スプリンターズ中山
※中山1200mのコース図とスプリンターズS(01年~:02年を除く)
 の馬場別の平均ラップ

見比べてもはっきり違いがわかりますが、新潟はほぼ完全に
平坦なコースになっています。

【ラップ比較グラフ】
スプリンターズグラフ

前半が下り坂になっている中山では平均で33.0、場合によっては
32秒台に突入(01年、05年、06年、09年、12年、13年)する
超絶ハイペースで前半600mを通過していますが、新潟で行われた
02年の前半600mは33.7と比較的スロー。

下り坂を利用せずに自力で10秒台のラップを連続させる、という意味では
かなり厳しいペース、と見ることも出来ます。

中山の場合は最後に急坂が待ち構えており、後半600mの平均は
34.5(良馬場)となっています。
新潟で行われた02年の後半600mのラップ計は・・・34.0
前半が遅い分、後半が速くなっているのが大きな違いでしょうか。

とはいえ、最後の1ハロンのラップには大きな差がなく、
中山では前半のハイペースに加えて最後の急坂で脚が鈍るのに対し、
新潟では後半に入ったところでも10秒台のラップが続いており、
息を入れるタイミングがまったくないために、最後に少し鈍る・・・
という感じ。

基本的には超ロングスパートの消耗戦。
速いペースを淡々と走り切る高い能力が問われるレースになりそうです。

02年の上位馬の4コーナーでの位置取りは

1着→2着→3着
 3  2  1(番手)

となっており、前優勢・・・というか上位人気3頭で決まっているわけで
前々で結果を出してきた実力馬はそのまま信用できる、と考えて良さそうです。

オールカマーを観ても外を回しての追い込みは完全に一手、二手遅れて
しまう感じなので、基本的には馬場中央、内を伸びる前の馬が優勢。
差し馬に関しては内枠から内をすり抜けるようなレースが出来る馬を
狙いたいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます

スノードラゴン……
好きな馬なんですが……
一発ありませんかね……
(´・_・`)

いしい | URL | 2014年09月29日(Mon)09:59 [EDIT]


ブログ移転

けんさん、こんにちは。

ブログ再開します。
新しいURLはこちらです。
http://fanblogs.jp/tansyohukusyo/
多分週1回程度の更新ですけど、その1回をしっかりしていこうと思っています。

今週スプリンターズSの考察、また参考にさせていただきます。
よろしくお願いします。

すなやん | URL | 2014年09月29日(Mon)13:45 [EDIT]


>いしいさん
スノードラゴンの父、アドマイヤコジーンは
新潟開催のスプリンターズSで2着。

血統的な後押し込みで期待したいですね♪

けん♂ | URL | 2014年09月30日(Tue)00:26 [EDIT]


>すなやんさん
こちらこそ今後ともどうぞよろしく
お願いいたします。

一緒に競馬を楽しんでいきましょう!

けん♂ | URL | 2014年09月30日(Tue)01:09 [EDIT]


 

トラックバック