けいけん豊富な毎日

オールカマー(展開分析)  担【けん♂】

今週はオールカマー、神戸新聞杯の2本立て。

オールカマーは先週のセントライト記念と同じ新潟2200m
行われることになるので、過去のデータはそのまま使えないかも。
おおよその目安として、馬体重、年齢に関してもデータをとるつもりですが
あくまで参考程度・・・どこか別の切り口から考えてみたいと思っています。

神戸新聞杯はこれまたセントライト記念、ローズSと同様、
春の実力馬の復帰戦&夏の上がり馬との力関係をたしかめるレース。
結構グダグダな内容(ラップ的に:爆)になることもあるので
考察でどうのこうの、というよりは・・・こちらも条件をたしかめつつ
簡単な線引きをする程度で、次のレースへの繋がりを見る形にしたいと
考えています。

まずはオールカマー(新潟2200m)から・・・

オールカマー新潟コース
※新潟2200mのコース図と先週のセントライト記念のラップ

新潟2200mは新潟の内回りコースをグルッと1周半走るレース。
スタートはスタンド前の直千コースの半ばから、となっており
少し引き込まれた部分から。

最初のカーブまでは600mほどの直線となっており、
先行するのに内外の差はほとんどないと考えられます。

カーブを曲がって向こう正面の直線へ。
重賞クラスのレースがないので、コース図には先週のセントライト記念の
ラップをそのまま付記していますが、直線入り口付近で
一旦脚をためている感じ。

ただし、コース図でわかるとおり、全体を通して高低差がほとんどない
超平坦なコースだけに、構造的にペースダウンするポイントはなく、
騎手の思惑、道中のペースなどによって息を入れるポイントが
変わってくる可能性は十分。場合によっては延々と締まったペースで進む
消耗戦になるかもしれません。

直線は600m以上のある外回りコースと違い、358.7mと短め。
急坂もなく、前につけた馬がそのまま押し切ってしまう可能性も十分。

新潟競馬場は夏から開催が続いているので、芝はかなりボコボコと
荒れてきており、そろそろ極端な外伸び状態になる可能性も出てきました。
差し馬に関しては思い切って外に出すことが出来る思い切りのいい
騎手とのコンビにも注目(・・・事前に判別するのは難しいですが^^;)

8月以降に行われた新潟2200mの上位馬の4コーナー位置取りは

1着→2着→3着
 7  2 10(番手)
 1  2 11
 6  3  1
 4 12 10
 7  4  4

後方からの馬も差し込んではいますが、基本的には先行、好位につけた馬が優位。
まずは脚質に注目して考えてみてもいいかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック