けいけん豊富な毎日

今週の考察を始める前に   担【けん♂】

今週は秋華賞、菊花賞に向けて実績馬が始動。

・ローズS(阪神1800m)
・セントライト記念(中山2200m)


ひとまず両方のレースについて考えていく予定ですが、
考察を始める前にざっと整理をしておきたいと思います。

ローズSは阪神外回りのレースということで桜花賞と近い設定
春の実績馬、特に桜花賞で上位に入った馬については
当然重視する必要があると思われます。

春の実績馬にとってはいわば「叩き台」というレース。
少なくとも仕上げてくることはないので、調整の状況の確認が
難しいレースになります。
能力は上位、ただし若い牝馬だけに安定しないわけで過信は禁物、
12年は順当にジェンティルドンナ、ヴィルシーナで決着しましたが
その前の11年はマルセリーナ、エリンコートと春のクラシックを制した馬が
どちらも大コケする波乱が起きています。
昨年は重馬場の影響もあってか、デニムアンドルビーは順当勝ちしたものの
メイショウマンボは4着に飛んでしまいました。

このレースの構図は「春の実績馬VS夏の上がり馬
夏の上がり馬は使ってきているだけに、疲労が心配ですが
本番に向けて権利を取りたいわけで、ある程度しっかり仕上げてきそうです。

夏の上がり馬の選択条件は・・・1000万下での勝ち負け
春の実績馬との差は思っている以上に大きく、相当な内容で
勝って来れていないと追いつけ追い越せ、とはいかないのが
過去の傾向だったわけですが、このところはちょっと微妙な状況が続いています。

12年は11頭立てになった上に上位人気のハナズゴールが回避し、
メンバーが低調になり、ラスヴェンチュラスが1000万下3着から
ローズSでも3着に入線。
13年は最終的にメイショウマンボが2冠を制するなど
力関係がはっきりしましたが、阪神JF、チューリップ賞、桜花賞、
オークスと上位馬がまるっきし入れ替わる大混戦模様
春の実績馬・・・といってもどこまでを評価して良いか微妙な印象でした。
さらに雨で重馬場になる、という特殊条件も重なってしまい、
500万下を勝ったばかりのシャトーブランシュ、ウリウリが
2、3着に入るという前例のない結果に終わっています。
・・・今後も低調な年(世代)にはこういったこともあり得るかもしれませんが、
基本的には例外視しておきたいところ。

今年はハープスターこそ凱旋門賞挑戦で不在ながら、
阪神JFを制したレッドリヴェールは桜花賞でも2着。
チューリップ賞2着、桜花賞3着のヌーヴォレコルトがオークスを制覇、と
上位馬がある程度はっきりしている、という点で過去の傾向に沿う結果が
予想されます。
まずは実績で線を引いて・・・考えたいですね。

セントライト記念は例年なら皐月賞組を重視したいところですが
今年は新潟開催、ということで適性を含めてなかなか
切り口が難しいレースになりそうです。

新潟も直線が長く、素直に実力差が出るレースという印象なので、
夏の上がり馬についてはかなり見所があった馬に限られると思われます。

ポイントになるのは・・・2000m以上の距離経験(勝ち負けは別)

過去14年間の上位馬で2000m以上のレース経験がなかったのは
キングストレイル1頭だけ。
キングストレイルは複勝圏を外したことがない成績で長期休養明け、
能力と成長が期待出来たわけで・・・こういう馬は例外と考えて良さそうです。

12年は力の差を見せつけるようにフェノーメノが圧勝しましたが
14番人気のスカイディグニティが2着に入る波乱。
昨年は3番人気のユールシンギングが勝ったものの、
青葉賞を勝って1番人気を背負ったヒラボクディープは13着と大敗。
ラジオN賞を勝ったケイアイチョウサンも5着に敗れる結果となっていました。
なかなか成長分の見極めは難しいですね。

あとは・・・休養明けの輸送競馬はマイナス、という点も大きなポイント。
ローズSに関東馬が挑む場合は栗東で調整した馬に限った方が
良さそうですし、セントライト記念に関西馬が挑む場合は
神戸新聞杯を避けた理由も考えなければならないと思われます。

ローズS、セントライト記念、ともに休養明けで成長、調整の具合が
わかりにくい馬が多く、夏の上がり馬との力関係の判別も難しいわけで、
不確定要素が多過ぎるレース。
細かく考えても答えが出そうもないので(爆)まずは条件面で
ざっと絞り込んだ上で狙い馬を探してみたいと思います♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック