けいけん豊富な毎日

すみれS回顧   担【けん♂】

すみれS(阪神2200m)が終わりました。
注目は巻き返しを狙うニュービギニング、期待の新鋭ベッラレイアでしょうか。
クラシックに向かう馬がここからも出てくるのかどうか・・。

予想は→ココ

結果は・・・
1着▲アルナスライン  2.15.0 上がり33.9
2着○フィニステール    クビ
3着△ベッラレイア
4着×ゴールドキリシマ
5着◎マルカハンニバル

7着×ニュービギニング

※全着順は→ココ

およそ13秒台後半で流れると予想しましたがゴールドキリシマ
思ったよりは踏ん張って6馬身ほど引き離すペース。

12.7-12.0-12.3-12.3-13.1-13.1-13.1-12.1-11.2-11.4-11.7

とはいえ13秒台が並ぶスローな流れです。
1000m通過は1.03.2・・・この辺りはピッタリ予想通りですね(^^)g

これまでの傾向から言うと後は消耗した馬同士が35秒台程度の脚で
しのぎ合う、という感じなんですが今回のメンバーは歯ごたえがありました。

ゴールドキリシマに続いたのはフィニステール、ケイアイマイスキー。
その後ろにマルカハンニバルとアルナスライン・・・
ベッラレイアはちょっと置いていかれ気味のところから
徐々に進出してその後ろ辺り。
ニュービギニングが後方2番手・・良馬場での末脚には前走で
限界が見えた感じだったんですが大丈夫なんでしょうか・・
ウィルビーキングが最後方、先行気味にもいける馬ですが
前走同様末脚に賭ける競馬を選択した模様です。

徐々に馬群が縮まって一団となっての直線の追い比べ、
手ごたえがなくなりかけているゴールドキリシマをフィニステールが
追っかけますがなかなか脚が伸びません。
その後ろで着々と加速し始めるアルナスライン、そして大外を
ベッラレイアが一気に進出しようとしています。

フィニステールがやっとゴールドキリシマをかわして
前に出たところに襲い掛かるアルナスライン
今回は▲16kgと大きく馬体を減らしてきていますが
陣営のコメントによれば「絞れた」とのこと。
たしかに530kgを超える巨体ですし・・・体調面での
問題はなさそうです(^^)

アルナスラインの末脚は33.9!
予想をはるかに超える末脚を見せてくれました。
2着のフィニステールも前に位置取って脚を使えるので
今後も上位が狙える馬だと思います。
ベッラレイアも伸びにくいと見られる阪神の外を
34.0の末脚で駆け上がっていったところをみると
今後に大きな期待が持てる馬だと思われます(^^)g
クラシックまでに賞金加算が出来るでしょうか・・・。

こういう上がり勝負になると分が悪いマルカハンニバルは自己最低の5着・・。
それなりの脚(34.5)は使っているんですがどうしても1、2枚
足りませんね・・。

ウィルビーキング、ニュービギニングはちょっと切れ味に限界が見えて
しまった感じです。今回は前の馬がいい脚を使ってしまったということも
ありますが、現時点ではまだ後方一気で差し切れる感じではありませんね。
今後の成長に期待したいと思います。

レースレベル的にはそれほど高い評価は出来ませんが
中距離でかなりの切れ味を使えた上位3頭は今後に期待がつながった感じ。
次走にも注目していきたいですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック