けいけん豊富な毎日

キーンランドC(過去の勝ち馬の馬体)   担【けん♂】

キーンランドC(札幌1200m)の過去の勝ち馬の馬体写真を並べてみました。

★12年
【パドトロワ】
(12キーンランドC)
パドトロワ12キーンランド

★11年
【カレンチャン】
(11キーンランドC)
カレンチャン11キーンランド

★10年
【ワンカラット】
(10キーンランドC)
ワンカラット10キーンランド

★09年
【ビービーガルダン】
(09キーンランドC)
ビービーガルダン09キーンランド

★08年
【タニノマティーニ】
(08スプリンターズS)
タニノマティーニ08スプリンターズS

★07年
【クーヴェルチュール】
(07スプリンターズS)
クーヴェルチュール07スプリンターズS

★06年
【チアフルスマイル】
(06スプリンターズS)
チアフルスマイル06スプリンターズS

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

重賞になってからの7回中、4回はノーザンダンサー系の馬が勝利。
まぁ・・・ノーザンダンサー系と言っても広く分岐しており、
・デピュティミニスター
・ファリーキング
・ダンチヒ(チーフズクラウン)
・ヌレイエフ

とバラバラの系統の馬が好走しているわけで、
資質、体型に影響があるかと言えば微妙ですが・・・(^^;

上半身が発達しており、力強いクビ差しを支えています。
深みよりは厚みを重視したいところ。
下半身は持続質を示しながら、丸くバネも兼ね備えた作り。

高速馬場仕様の脚ではなく少し立ったつなぎになっているのも
共通点と言えそうです。

06~08年までは競馬ブックに写真が載っていない馬が勝利。
(近い時期の写真を取り上げています)
人気薄でも侮れない、という点も意識しておきたいですね。

おおよそのイメージを頭に置いて、今年の出走予定馬について
見ていきたいと思います(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック