けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凱旋門賞を楽しむために  担【けん♂】

札幌記念をハープスターが快勝、ゴールドシップも5kgの
斤量差がありながら見せ場十分の追い脚を見せて2着と結果を出したことで
ひとまず順調な仕上がりぶりを確認、これで今年の凱旋門賞への挑戦は
ほぼ確実なものになったと思われます。

世界最高ランクに位置づけられるジャスタウェイと合わせて
まさに3本の矢・・・ディープインパクト、オルフェーヴルの挑戦のときも
もしかしたら、と期待感に溢れましたが、まさかこんなにすぐに
また大きなチャンスが巡ってくるとは・・・日本の競馬の層の厚さを
感じられて嬉しい限りです(^^)g

もちろんまだ凱旋門賞の出走馬は決まっていないわけですが
現段階で有力視されている欧州の3歳勢をを少し挙げてみたいと思います。

★シーザムーン 牡3

近年の最強馬の1頭と目されるシーザスターズの産駒。
4戦無敗、独ダービーではハナを切って逃げ、大外のラチ沿いに出すと
そのまま逃げ切って11馬身差の大圧勝
怪物の仔は怪物なのか?!

【独ダービー】


★オーストラリア 牡3

父は欧州を代表する種牡馬となったガリレオ、母は世界を股にかけた名牝
ウィジャボード。英ダービーを制して一躍注目され、前走では
英インターナショナルSで仏ダービー馬ザグレイガヤツビー、
キングジョージS2着のテレスコープ、エクリプスSを制した
ムカドラム相手に見事な差し切り勝ちをおさめ、欧州トップクラスの
能力をもつことを証明しました。
(凱旋門賞を回避するという話もあるようですが・・・)

※インターナショナルSのレース映像は→ココ

★タグルーダ 牝3

英オークスに続いてキングジョージSを無敗の4連勝で制覇
しかし、前走のヨークシャーオークスで愛オークス2着の
タペストリーとの叩き合いに敗れて土がついてしまいました。
真の実力やいかに?!
(タペストリーも凱旋門賞に向かう見込み?)

※ヨークシャーオークスのレース映像は→ココ

★アヴニールセルタン 牝3

デビューから無敗の6連勝で仏1000ギニー、仏オークス、
そして前走のノネット賞(GⅡ)を制覇。
ガッチリした筋肉質の馬体で不良馬場をモノともしない
力強い走りっぷりは本番で馬場が悪化しても十分に対応出来そう。



うーん、例年以上に強力な馬が揃った感じ。
正直、古馬に関しては微妙な気もしていたので、今年はチャンスかと
思っていましたが・・・これだけの馬が揃ったら
斤量ハンデ込みで非常に怖いと思います。

うーん、今年の凱旋門賞はまさに欧州、日本の総力戦、
史上に残る大激突になりそうですね♪
いやー今からわくわくが止まりません(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

けんさんお疲れ様ですm(._.)m
凱旋門賞楽しみですね!

自分は競馬を初めて幾年も経っていないのですが、オルフェーヴルのファンでして・・・
ミーハーですね(笑)(°▽°)
そのオルフェーヴルが凱旋門賞2年連続2着で非常に悔しい思いをしました(;´д`)

今年こそ悲願の凱旋門賞制覇を
できればハープスターで・・・

結局は斤量じゃん(;´д`)
となればオルフェーヴルの評価もさらに上がるかも(笑)(°▽°)

しかし今年の欧州3歳勢は強敵揃いですね(;´д`)

ストイック | URL | 2014年08月25日(Mon)23:05 [EDIT]


>ストイックさん
オルフェーヴルは本当に個性的で魅力的な馬だったと
思います。
私もディープインパクトのときよりも
気持ちを込めて凱旋門賞で応援した気がします(^^)g

欧州の3歳馬がこれだけ粒ぞろいなのは
かなりレアパターンかも。
やっぱり凱旋門賞は斤量なのかどうか、
大いに注目したいですね♪

けん♂ | URL | 2014年08月26日(Tue)03:28 [EDIT]


ケンさん残暑見舞い申し上げます。
凱旋門賞初の日本馬3頭で非常に楽しみです。
馬のレベルや体調、馬場、展開等ありますが個人的には勝ち負け疑問です。

エルコンドル、ディープ、ナカヤマ、オルフェ他日本挑戦馬の中でナカヤマフェスタだけが日本馬評価最低で2着!? 勝てない理由に片量とか運がなかったとか良く聞きますが、確かにエルコンドルの時も最強3歳モンジュー オルフェーも最強3歳トレヴでディープは体調不良による薬物失格ですが今年の日本馬は騎手が日本人? 一番大切なのはコースを良く知ってる鞍上と特集な馬場をこなす血統ではないかと個人的には思いますし、更に今年はメンバーも強烈で本当に凱旋門賞勝ちたいのならその為にだけの馬作りの意識でレースの格だけでなくレース内容や欧州芝も全て凱旋門賞だけ取る馬作りしないと個人的には思いますので甘いものではないと思います。

挑戦しないと何も生まれませんが生産者や調教師並びにオーナーに声をでかくして言ってやりたい位です。
ケンさんケイさんこれからも体調きを付けて応援しております。

オグリワン | URL | 2014年08月26日(Tue)09:19 [EDIT]


>オグリワンさん
おっしゃることは非常によくわかります。
最初から凱旋門賞を目的に馬つくりをしないと
実際問題、タイトルを獲るのは至難の業だと
私も思います。

ただし、日本で生まれて、日本で調教された馬が
凱旋門賞という欧州の大レースを勝つことに
意味があるわけで、たとえばガリレオの産駒を
日本人オーナーが買って日本馬として登録した上で、
欧州で調教して凱旋門賞を勝っても日本馬が
凱旋門賞を勝ったとは言えないわけで
その意味では最初からハードルは非常に高いですよね。

欧州馬のスノーフェアリーがエリザベス女王杯を
圧勝したように、本当に強い日本馬なら
欧州の馬場もこなしてしまうのではないか・・・
という夢を見ている、とも言えるかと。

実際、惜しいところまでは何度も来ているわけで
あとはおっしゃるとおり、血統と騎手。
特に騎手に関しては外人騎手と互角に渡り合える
技術を是非身につけて貰いたいものですね。
いくら馬が強くてもそれを走らせるのは騎手ですし・・・

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

けん♂ | URL | 2014年08月26日(Tue)11:17 [EDIT]


はじめまして

長い間ブログを読ませてもらってます
今年こそはという期待の元で気持ちが高まり書かせてもらいます

オグリワンさん同様に後は現地の芝向きの馬体作りとコースの熟知次第だと思っています
もちろん能力如何で長年の壁を突き破る可能性もありますが…
環境などの要因で凱旋門賞馬がJCで、世界屈指のダート馬がJCDでなかなか勝てないよう、凱旋門賞の日本馬もそうだと考えてています
後は才能のある3歳馬を挑戦させるか‼︎もちろん古馬がノーチャンスとは言いませんが凱旋門賞の歴史上若馬が有利なのは明白に感じますので(^^;;

それぞれに課題はありますが、今年は世界ランクトップのジャスタ、力のいる馬場に自信のあるゴールド、斤量や終いの脚が味方するハープと精鋭が揃うだけに楽しみに時を待ちたく思います^ ^

たけ | URL | 2014年08月26日(Tue)20:26 [EDIT]


>たけさん
はじめまして!
ありがとうございます(^^)/

おっしゃるとおり、日本馬が凱旋門賞で苦戦していると
同様、欧州馬も日本では・・・。
それだけ環境に特化した血統が繁栄しているという
ことなんでしょうね。

逆に言えば、そういうハンデを乗り越えられるだけの
圧倒的な力量が求められる、ということで
今回の挑戦でそれを示せる馬がいるのかどうか
その辺りにも注目したいところです。

今回は特に個性派揃いのメンバー、果たして
どこに突破口があるのか、それともまた
壁に阻まれるのか、本当に楽しみです♪

けん♂ | URL | 2014年08月27日(Wed)04:38 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。