けいけん豊富な毎日

キーンランドC(各馬分析1)   担【けん♂】

キーンランドC(札幌1200m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アーリーデイズ】せ7 56.0 (栗東) Leroidesanimaux×(Java Gold)
当初は芝を中心に使われ、500万下を勝ちましたが、12年からダートに転向。
バーデンバーデンCで久々に芝に挑戦したものの、好位からズルッと下がって
15着と大敗。前走では地方(佐賀競馬)に転戦したものの、6着とふるわず
芝、ダートともに苦戦が続いています。
出てきたとしても年齢的に実績的にもここで狙う要素はなさそう。

エイシンブルズアイ】牡3 53.0 (栗東) Belgravia×(Siphon)
札幌記念を見送って今度は短距離路線に登録してきました。
1400m以下のレースには出走経験がなく、これまでの実績も
ゆったり流れたレースで結果を出している印象なのでペースに
ついて行けるかどうかがまず大きなポイントになりそう。
スタミナには問題ないので流れに乗れたらタフに頑張れそうですが
位置取りが悪くなってしまうようだと・・・

クリーンエコロジー】牡6 56.0 (美浦) キングカメハメハ×(Unbridled’s Song)
ダートを試すなどして刺激を与えてみたものの、前走の函館SSでも
好位から失速し、13着と大敗。キングカメハメハ産駒は
それほど洋芝の適性は高くなく、いつものように好位につけて
競馬が出来たとしても、ここで復活を期待出来る要因には欠けていると思われます

サクラゴスペル】牡6 56.0 (美浦) サクラプレジデント×(Cure the Blues)
13年には高松宮記念4着、安田記念5着とかなりの能力を見せましたが
昨秋のスプリンターズSで11着に敗れて以来、なかなか調子が戻らず
今年の高松宮記念では12着と大敗してしまい、休養明けの前走も13着と
見せ場がありませんでした。叩いての良化には期待出来そうですし
このところは戦ってきた相手が違う、という点では上昇があるかも
しれませんが、3連勝で重賞を勝った頃の勢いに戻れるかは疑問。
ある程度斤量はこなしているものの、56kgで出られるのは
プラス材料になりそうです。

サンカルロ】牡8 57.0 (美浦) シンボリクリスエス×(Crafty Prospector)
11年、12年の高松宮記念で連続2着・・・古馬になってからの成績は
阪神、中京に極端に偏っており、後方からの脚質が活きる展開にならないと
厳しいことを示しています。その意味では札幌1200mは完全に鬼門。
余程特殊な展開になって前崩れにならないと出番は・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック