けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌記念(適性分析1)  担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)でペースを握ると考えられる
トウケイヘイローの鞍上は四位騎手が想定されています。

上下の変動の少ない締まったペースで厳しく引っ張る武豊騎手に対し、
四位騎手はどうやら少しスロー気味に前半をまとめて、
後半に加速していく形
の逃げを打つ・・・のではないかと考えられます。

まぁあくまで推測の域なので、走ってみないとわかりませんが、
とりあえず、後傾ラップ気味になったときの札幌記念の平均ラップ
(後半5ハロン)と今回の出走予定馬の好走した場合のラップを
比較してみました。

★アドマイヤフライト
アドマイヤフライト

後半に急流気味になるのは得意パターン。
ただし、最後に前が止まってこそ、というタイプなので
他馬次第の面が強そうです。

★エアソミュール
エアソミュール

平坦ラップの消耗戦でこそ、というタイプ。
急流勝負になってしまうと微妙です。
トウケイヘイローが厳しいペースで引っ張るならば
出番がありそうですが・・・

★エイシンブルズアイ
エイシンブルズアイ

急流勝負は得意パターン。まだ経験不足なので
展開よりも力関係がどうか・・・

★ゴールドシップ
ゴールドシップ

前につける形で圧勝した阪神大賞典は札幌記念の
急流パターンとほぼラップが一致。
締まった消耗戦でも強い馬ですが、位置取り次第で
急流勝負もこなせそう。

★スーパームーン
スーパームーン

消耗度が高い展開での好走が多いようですが
急流勝負もこなせる感じ。あとは上位馬との力関係。

★タマモベストプレイ
タマモベストプレイ

どちらかといえば平坦ラップの消耗戦が得意パターン。
急流ペースでも対応出来ますが、前が止まってこそ、
という感じなので本質的には締まったペース向き。

★トウカイパラダイス
トウカイパラダイス

日経新春杯の後半は今回の想定にピッタリ重なる感じ。
血統的にも急流勝負が合うので侮れないかも。


続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。