けいけん豊富な毎日

札幌記念(各馬分析3)   担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ホエールキャプチャ】牝6 55.0 (美浦) クロフネ×(サンデーサイレンス)
昨年の札幌記念(函館開催)では14着。オークス3着、秋華賞3着の
実績もあるので、距離延長がまったくダメというわけではないと思いますが
年齢を重ねて以降、2000m以上での複勝圏はなく、好走も東京に
限定されているだけに、ここで牡馬の上位馬相手に狙うのは難しそう。
能力はあるので前々で立ち回れたらチャンスがないわけではなさそうですが
狙う材料には不足。休養明けも良い馬ではないので、まずは叩いてから。

ムーンリットレイク】牡6 57.0 (美浦) ディープインパクト×(Sinndar)
先行力を活かすスタイルでデビュー3戦目から4連勝で1600万下を突破。
脚元に順調さを欠いたこともあってその後は足踏みを続けてしまいましたが
前走の福島TVを逃げ残って久々に勝利を挙げました。
2000mでじゃ勝っていないのは微妙ですが、凡走しているのは
マイル戦が主なだけに本質的には中距離向きだと思われます。
ただし、前で脚を伸ばすタイプではなく、粘り込む脚質なので
上位馬相手となると現状ではかなり不足感がありそう。
速いペースで引っ張られてしまうとこのクラスでは・・・

ラブイズブーシェ】牡5 57.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(メジロマックイーン)
昨年の札幌記念(函館開催)では重馬場の中、後方からになってしまった
こともあって10着と大敗。その前には函館で連勝していただけに
洋芝適性は高く、前走ではハイペースの中、前半に脚をしっかりためる
古川騎手の好騎乗もあって見事に函館記念を制しています。
機動力を活かす競馬が出来た点は評価出来ますが、平坦コースの
札幌で先行馬がどこまで止まるかは微妙。馬格がないので
斤量が1kg増えるのもマイナス材料になってしまいそうです。

ルルーシュ】牡6 57.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(Highest Honor)
有馬記念ではハナを切って行ったものの、故障かと心配になるほどの
失速ぶりで大差の最下位。中山の形態が余程ダメなのか、それとも別に
要因があるのかわかりませんが、近走で結果を出しているのは
広い東京コースに限定されています。洋芝での好走もあるので
適性がないわけでないと思われますが、8か月の休養明けとなる上に
鞍上の福永騎手と手が合っている感じもないだけに、
ここで期待するのは難しそう。気性さえまともならハマれば強いだけに
怖い1頭ではありますが・・・

ロゴタイプ】牡4 57.0 (美浦) ローエングリン×(サンデーサイレンス)
朝日杯FS、皐月賞を含む4連勝で世代トップに立ちましたが、
ダービーでは5着に敗れ、古馬相手の札幌記念(函館開催)でも5着、
復帰戦の中山記念では馬体を増やして3着とまだ結果が出せていません。
今回はドバイ遠征明けとなりますが、休養明けはそれほど問題が
なさそなので、まずはどこまで出来るか試金石。
上がりが掛かる馬場はこなすものの、洋芝実績はそれほど高くなく、
同世代の上位馬が古馬相手に苦戦しているだけに、世代間の力関係についても
意識する必要はあるかもしれません。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック