けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌記念(各馬分析2)   担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

タマモベストプレイ】牡4 57.0 (栗東) フジキセキ×(ノーザンテースト)
きさらぎ賞を勝ち、スプリングSでも2着と好走。クラシック路線に
挑みましたが皐月賞5着、ダービー8着と敗れてしまいました。
その後も有馬記念5着の他、前走のエプソムCでも4着と
惜しい競馬もありながら、馬券圏内からは遠ざかってしまっています。
スタミナに問題があるわけではありませんが、結果的に1800mまでしか
勝ち星がなく、2000mで上位馬相手となるとワンパンチ足りない
感じですが、平坦コースで前につけられる強味を活かせれば
穴候補として面白い1頭になるかも。

トウカイパラダイス】牡7 57.0 (栗東) ゴールドアリュール×(マルゼンスキー)
函館記念では積極的に逃げたものの、逆に裏目に出てハイペースを作ってしまい
失速して9着。血統的にもスローの急流勝負の方が合うタイプで
今回も締まった持続質な展開になってしまうと持ち味が活かせないかも。
洋芝自体には問題なく、年齢的な衰えも感じられないので
上手く前優勢の展開に乗れたら・・・

トウケイヘイロー】牡5 57.0 (栗東) ゴールドヘイロー ×(ミルジヨージ)
昨夏に鳴尾記念、函館記念、札幌記念(函館開催)と3連勝。
天皇賞秋では10着に敗れたものの、年末には香港に遠征し2着、
この春は中山記念で6着の後、ドバイDFで7着、シンガポールで4着と
遠征を重ね、今回が国内復帰戦。シンガポール国際空港Cの
詳しいラップはわかりませんが、コースレコードを出していたところをみると
四位騎手は割合厳しいラップを刻んだ模様。
今回も行くのであれば緩まないペースで淡々と引っ張ると思われます。
洋芝適性は高く、平坦コースは合うので馬場状態によっては
先行押し切りの可能性も十分。復活に期待したいところです。

ナカヤマナイト】牡6 57.0 (美浦) ステイゴールド×(カコイーシーズ)
13年の中山記念を制して以来、ずっと上級のレースで戦い続けてきましたが
上位馬相手だと少し足りない感じで結果が出せず、このところは
位置取りが後ろになってしまい、さらに成績悪化。
ダートを試すなど工夫もしていますが、前走の函館記念でも
後方から展開優位になったものの、伸び切れず7着に敗れており
なかなか出口が見えません。
前走で▲10kgと絞り込んでしまっていたので上積みにも
期待しにくく、現状では厳しそう。
積極的に前につけていければ洋芝は血統的に問題なさそうなので
チャンスはありそうですが・・・

ハープスター】牝3 52.0 (栗東) ディープインパクト×(ファルブラヴ)
後方一手の横綱相撲で桜花賞を制覇。オークスではクビ差の2着に敗れたものの
世代NO1牝馬であることは間違いないことを証明する内容を見せました。
脚質からすると後方一気というスタイルで古馬の上位馬相手に
どこまでやれるか不安もありますし、直線が短いコース形態も
この馬には合わない公算が高そう。海外遠征前なので
仕上げも緩くなりそうな今回は能力と体調を確かめる程度なのかも・・・。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。