けいけん豊富な毎日

札幌記念(各馬分析1)   担【けん♂】

札幌記念(札幌2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アドマイヤフライト】牡5 57.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(トニービン)
ハイペースの前崩れになった函館記念では後方待機策がハマった感じで
4着に食い込みましたが、それでも馬券圏内に届かず。
本来は好位からの脚質で洋芝適性にも期待出来るので札幌コースは
ハマる可能性がありますが、決め脚不足は否めず、上位馬との競い合いとなると
余程位置取りがハマらないと・・・

エアソミュール】牡5 57.0 (栗東) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
昨年は函館記念、札幌記念(函館開催)と連続二桁着順に敗れていますが
能力的に足りなかったわけではなく、気性面に問題があったと考えられます。
その後も年末にOPを連勝したかと思うと中山記念では10着・・・。
休養を挟んで前走の鳴尾記念を制し、重賞初勝利を飾ったものの
今回もやる気を出すのかどうかは走ってみないとわかりません。
間を空けた方が走るタイプなので、昨年よりもローテーションはプラス材料。

エイシンブルズアイ】牡3 54.0 (栗東) Belgravia×(Siphon)
スローペースを先行気味に行く形で結果を出していますが
ペースが締まると不足気味。NHKマイルでは後方からになり
13着に敗れていますが、距離を延長して前につけられたら
もう少しやれそうな感じです。母系が強力なのでスタミナを支えられる
かもしれませんが、父系はスピード系な印象なので実際にどう出るか
試金石になりそう。

ゴールドシップ】牡5 57.0 (栗東) ステイゴールド×(メジロマックイーン)
天皇賞春ではまたもや人気を裏切って7着に敗れてしまいましたが
宝塚記念では前年同様前につける形でレースを進めて連覇を達成。
横山典騎手と手が合う、というのはかなり大きなプラス材料だと
考えて良さそうです。古馬になってから一貫して長い距離を
使われてきており、ハイペースになった京都大賞典で凡走したように
道中が締まったペースになった場合に対応出来るかがポイントになりそう。

スーパームーン】牡5 57.0 (美浦) ブライアンズタイム×(Sadler’s Wells)
徐々に実績を積み重ねて昨夏に連勝で1000万下を突破、
頓挫を挟みましたが、休養明けとなった前走で1600万下を制し、
叩いての良化も含めて上昇が期待出来そうです。
ただし、相手関係を考えると一気に強化されるわけで
中段から差す横綱相撲でどうこう出来るとは考えにくく
ここは今後を占う上での目安程度になりそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック