けいけん豊富な毎日

アーリントンC最終予想   担【けん♂】

アーリントンC(阪神1600m)の出走枠順が発表されました。

1 1スズカライアン   和田
1 2トーセンキャプテン 四位
2 3エーシンエスヴィー 福永
2 4アロマンシェス   勝浦
3 5アドマイヤヘッド  岩田
3 6コンティネント   武豊
4 7ショウナンアクト  川田
4 8ディープスピリット ペリエ
5 9マイネルレーニア  松岡
510ビュティフルローズ 鮫島良
611カロンセギュール  安藤勝
612トーホウラムセス  小牧
713マルカラボンバ   赤木
714ローレルゲレイロ  本田
815ワンダースティーブ デムーロ
816エーシンビーエル  幸

先行馬が揃いましたが、後続の脚を削りに行くようなペースで
引っ張るとしたらマイネルレーニアでしょう。
京王杯2歳Sでは番手に控えて差し切ったため、騎乗方法に迷いが出てしまいましたが
本来のスタイルはある程度速いペースで緩みなく引っ張る逃げです。
先行有利と考えられる開幕週の阪神競馬場であること、
陣営も今回は「後続の脚を削るに行く」とコメントしていることなどから
今回こそはキッチリ逃げてくれると思いたいですね。

マイネルレーニアに続くとしたらコンティネント、エーシンビーエル辺り。
この2頭は多少ペースが速くなっても追走できそうな馬です。
ワンダースティーブ、トーホウラムセスやダートで先行してきた
カロンセギュール、エーシンエスヴィー、ビュティフルローズなどは
芝の重賞のペースについていけるかどうか?

ポイントのひとつになりそうなのがローレルゲレイロの騎乗方法。
本田騎手の引退レースですから花道を飾りたいという気持ちも強いと思われます。
前回は控えて脚を伸ばす競馬を試して3着。
負けはしましたが切れ味は勝馬に並ぶものがあり、評価していい内容だったと
思います。本来の先行追走型の競馬でも重賞で3連続2着と力を見せており、
果たしてどういう選択をしてくるか気になります。

これまでの考察
各馬分析1→ココ
各馬分析2→ココ
各馬分析3→ココ
有力馬絞込み→ココ

今回の予想
◎ローレルゲレイロ
○トーセンキャプテン
▲マイネルレーニア
△コンティネント
×エーシンビーエル

非常に本命にしにくい馬ではあるんですが(^^;ローレルゲレイロ
最も信用度の高い馬としてあげておきたいと思います。
前走(シンザン記念)で見せた末脚は同時期のレース中でもかなり出色のもの。
古馬最速が35.1、ローレルゲレイロは33.7
たまたま上位2頭が凄すぎただけで実質的には3歳上位クラスの中でも
トップクラスの破壊力があるのではないかと思われます。
馬体を成長させつつ力をつけていることは間違いないでしょう。
・・・ただこの馬より上に行かないとアドマイヤオーラに歯が立たない
可能性が高い
ので(^^;他馬にも頑張ってもらいたい、とも思ったり・・。

トーセンキャプテンも新鋭ながら期待感がある馬です。
好位抜け出しで安定して末脚を使うセンスの良さがあるので
上位を期待できる存在だと思います。
ジャングルポケット産駒ということで坂は問題にしそうもないですが
どの程度の脚を使えるのかを今回確認したいですね。

マイネルレーニアは個人的に応援している馬なので頑張ってもらいたいと
思っていますが、脚質的に鞍上の力量に左右されてしまうのが不安。
グラスワンダー産駒はある程度一本調子の速めのペースで押し切るのが
合う
ようですが、松岡騎手が前走サンツエッペリンで見せた逃げ方は
前半をゆっくり行って後半にペースをあげていくというもの・・。
この辺りが噛み合わないと力を発揮出来ない可能性があります。
苦手なタイプは好位を追走してきて脚を伸ばしてくる馬・・ということで
ローレルゲレイロのような馬は天敵になるかもしれません。
力関係というより脚質の関係で3番手評価とします。

コンティネントは前走で武豊騎手に乗り代わってペースアップに
対応できたのが収穫でした。重賞のペースでどこまで頑張れるかに
今回注目です。末脚に力がある感じがしないので勝ち切るイメージは
ありませんが前の馬のペース次第で前残りがあれば・・。

エーシンビーエルも同様に前残りに期待。
前走では直線で一旦先頭に立つセンスの良さを見せましたが
そこで失速・・・。後方の馬の脚次第で粘り切れたら3着があるかどうか?
期待はしにくいですが展開次第という感じです。

クラシック及び、NHKマイルなどへと繋がっていくと考えられるレース。
期待馬が期待に応える走りを見せてくれたらいいですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本命一緒になりましたね^^
○と▲が逆になりました(笑)

けんさんともかぶったのでこのレースで勝負したいと思います☆

たまバス | URL | 2007年02月24日(Sat)01:07 [EDIT]


>たまバスさん
上位3頭は抜けているんじゃないでしょうか。
特にローレルゲレイロは崩れることが
想定しにくい馬じゃないかと。
たまバスさんのおっしゃる「買いやすいレース」
のように思えますね(^^)
本音はマイネルレーニアに勝って欲しい、と
思っているんですが展開的に難しそうかな・・

けん♂ | URL | 2007年02月24日(Sat)01:59 [EDIT]


見ているだけの私が言うのも何ですが、マイネルレーニアが勝つには陣営&松岡騎手がこの馬の脚質を理解しているかどうかに懸かっていますね。
けん♂さんが仰る通りサンツェッペリンとレーニアとでは違いますからくれぐれも前半スローにならないように乗ってもらいたいと思います。
個人的にはレコードタイム想定から逆算した平均ラップを頭に入れて乗ってもらいたいなあと。
これがベストだと思いますし逆に言えばこれができなければレーニアの勝ち目は非常に薄いものになるでしょう。
マイネルレーニアがアイネスフウジンになれるか、注目の一戦です。

temporalis | URL | 2007年02月24日(Sat)06:46 [EDIT]


新装の阪神競馬場は、力のある馬が来るというイメージがあります。
その意味では、今回はわりと堅いのかな~とも思っています。
ローレルゲレイロはスピードがあって強いですが、
本当は1400Mがベストぐらいなのかな?
でも、本田騎手の花道を作るための1着までありそうですね。
豊コンティネントがなんとも不気味です。

月夜の星 | URL | 2007年02月24日(Sat)07:30 [EDIT]


>temporalisさん
出走前にこれだけドキドキさせられる馬も珍しいですね(笑
ほんとどんな騎乗を見せてくれるのか、楽しみです。
レコードタイムから逆算・・・そうですね、
そのくらいの力はあると思います(^^)g
やっぱり能力を発揮するところを見たいですもんね♪
頑張れ~!

けん♂ | URL | 2007年02月24日(Sat)14:37 [EDIT]


>月夜の星さん
本田騎手に対しては各騎手が遠慮しないのでは?という
声があちこちから・・(笑)
まぁもちろん実力で自分の花道を飾ってもらいたいですけどね(^^;

ゲレイロの距離適性は難しいですね。
デビュー当時は短かったですが馬体を大きく増やして
きており、成長面でどこまでこなせるようになっているか?
がポイントになりそうです。
武豊騎手は本調子ではないですがコンティネントは
騎手が武豊騎手に代わって別馬になっていますから
怖い存在だと思います。逃げ馬に関しては
ほんとに限界まで負荷をかけてきますからね~(^^;
もしかしたらガンガン先頭を主張してくるかも・・

けん♂ | URL | 2007年02月24日(Sat)14:42 [EDIT]


 

トラックバック