けいけん豊富な毎日

中京記念(レベルに関して)  担【けん♂】

中京記念(中京1600m)の手掛かり探し、ということで
まずは出走馬のレベルについて、斤量面から見てみると・・・

★平均斤量
・12年 56.1
・13年 55.1
・14年 55.3(見込み)

★トップハンデ
・12年 58.0(3頭)
・13年 57.0(4頭)※56kgの牝馬が1頭
・14年 58.0(1頭)

あくまで目安ですが、平均斤量からすると初年度の12年の平均斤量が
最も重くなっており、レベル的には高かった感じに見えます。
とはいえ、重賞勝ちがないトライアンフマーチ、ダートで活躍していた
ダノンカモン、マイルCS2着があるとはいえ1年以上も好走歴がなかった
ダノンヨーヨーが58kgを背負っていたことを考えると・・・
ちょっと見込まれ過ぎていた感じも否めません。

結局、2番手評価の57kgでフラガラッハが勝ち、2着には
重賞勝ちがあるショウリュウムーンが54kgで入線。
3着にはトップハンデタイのトライアンフマーチが入り、
素直に実績馬優勢の結果になった印象です。

13年は57kgを背負った馬が4頭いましたが、
実質的には56kgを背負った牝馬のドナウブルーがトップハンデ。
結局、1~3着を57kgの馬が占め、ドナウブルーも4着と
実績を評価された馬が上位を独占する結果となりました。

58kgを背負った牡馬がいなかったこともあって平均斤量は
前年よりも1kgも軽くなっていましたが、実質的には差を感じる
メンバー構成ではなかった気がします。

今年の出走馬はまだ確定していないので、まだ微妙ですが
ひとまずトップハンデの58kgを背負うのはサダムパテック
直近では結果が出せていないとはいえ、なんといってもGⅠ馬
12年の58kg組よりは実績は高いわけで、ある意味
恵まれた・・・と言ってもいいかもしれません。
(12年のメンバーの中に入ったら59kgは背負わされたかも?)

続いて57.5kgを背負う馬が3頭。
クラレント、ダイワマッジョーレは重賞勝ちがある実績馬の上に
まだ5歳と勢いがありますし、フラガラッハは7歳馬ながら
このレースを連覇している馬。

平均斤量は12年には及ばないものの、上位メンバーの質を考えると
ここ3年で最もレベルが高いメンバー構成になった、と見ていい感じかと。

過去の傾向どおり、素直に実績を評価されている馬が優勢と考えるなら
この4頭は重視すべき馬になりそうです。

あとは・・・57kgのトーセンレーヴ、56kgのサトノギャラント、
ダノンヨーヨー、マジェスティハーツ、ミッキードリーム辺りまでが
ギリギリのラインでしょうか。
中では重賞勝ちがないサトノギャラント、マジェスティハーツは
見込まれた感じもありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック