けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕賞(斤量負担分析)   担【けん♂】

七夕賞(福島2000m)についてもう少し見ていきたいと思います。

実質斤量負担
七夕賞斤量負担

今回の出走馬の平均斤量は・・・54.1kg

ここ2年は55kgを超えており、03年以降をみても
下から3番目タイ、ということで、全体的なレベルに関しては疑問。

ただし・・・最高斤量として58kg以上を背負った馬は03年以降に

・メイショウカイドウ 59kg  1着
・トレイルブレイザー 58kg  2着
・ナリタクリスタル  58kg 11着

この3頭しかおらず、その内2頭は連対していたわけで、
マイネルラクリマ、ダイワファルコンに関しては見込まれた面もありますが
逆に言えばそれだけ抜けた評価をされている、と考えて良さそうです。

ちなみに57.5kgを背負った馬は過去に7頭出走して(0-2-1-4)
57kgだと(4-1-0-13)という成績。
同じレースに複数頭出走しているので単純な成績評価は出来ませんが
合計すれば5勝、2着3回というのは十分に期待出来る数字と言えそうです。

軽斤量で穴を空けたドモナラナイ馬もいましたが、基本的には斤量を背負った
実績馬がしっかり結果を出すレース
、と見た方が良さそうかと。

実質斤量負担では、
実績馬は12.5%、それ以外は12.0%というのが好走の上限というデータ。
マイネルラクリマは12.0%を超えてしまいましたが、一応こなせる範囲に
おさまりそうです。
馬格がないメイショウナルトは実質的にトップハンデになっていますが
こちらも重賞勝ち馬ですし、斤量的な問題は復活さえすれば問題ないかと。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。